• iPhoneで撮ったLive Photoを友達・家族のAndroidに送りたい
  • でもAndroidに送ると普通の写真になっちゃう
  • AndroidでもLive Photoを見れるようにするにはどうすればいいの?

・・・とお困りのあなた!
AndroidではLive Photo(ライブフォト)を見れません。Androidユーザーに送るときはライブフォトを動画に変換してから送りましょう。

というわけで今回はライブフォトを動画に変換してAndroidへ送る方法を解説します。

関連記事

ライブフォトを動画に変換する方法

ライブフォトは普通の写真と同様にLINEなどに添付して送ることができます。しかし、相手がAndroidユーザーの場合、ライブフォトは普通の写真になってしまいます。

ちゃんと動いているライブフォトをAndroidユーザーに送りたい場合は、ライブフォトを動画に変換してから送る必要があります。

動画に変換するのは簡単です。まずアルバムで送りたいライブフォトを開いてください。そして左下の共有アイコンをタップしてください。

すると共有メニューが表示されます。メニューを下にスクロールしていき「ビデオとして保存」をタップしてください。

そうするとライブフォトがビデオとして複製されます。あとはこのビデオを添付して送ってあげてください。

ちなみにビデオとして保存しても、元のライブフォトは消えないので安心してください。

 

ライブフォト・写真・ビデオの容量

余談ですが、ライブフォトは容量が大きいです。まぁ動く写真なので普通の写真より容量が大きいのは何となく分かると思うんですが、実はビデオより容量が大きいのです。

というのも、ライブフォトとして保存すると写真ファイルと動画ファイルが両方保存されることになるからです。

ストレージ容量を節約したい人は、ライブフォトをビデオに変換したら、元のライブフォトは削除することをおすすめします。

 

ライブフォトは長時間露光撮影用

今回の内容をまとめます。

  • ライブフォトはAndroidでは見れない
  • ライブフォトをAndroidユーザーに送るときは、ビデオに変換してから送る
  • ライブフォトはビデオより容量が大きい

ライブフォトは長時間露光写真を作りたい時には便利ですが、それ以外は基本的に必要ないです。普通に写真と動画だけを取りたい人は、ライブフォトをオフにしておくことをおすすめします。



関連記事

歴代iPhoneのカメラ画素数(実はSEから変わってない)

【iPhoneカメラ】ポートレートの使い方を全て解説します

【iPhoneカメラ】写真に黒い影が写る5つの原因と対処法

iPhoneのカメラでモノクロ写真を撮影・編集する方法

【ブサイク回避】iPhoneカメラで自撮りを盛る方法6選

【.heic→.jpg】iPhoneカメラの写真形式を変更する方法