• iPhoneの充電ケーブルを買いたいんだけど、どのタイプのやつを買えばいいの?
  • USBタイプCのケーブルでも充電できるの?
  • iPhone12はUSBタイプCのケーブルに対応したって聞いたけど、他のiPhoneはどうなの?

・・・とお悩みのあなた!
結論から言います。iPhoneはLightningケーブルじゃないと充電できません。USBタイプCもタイプBも対応していません。注意してください。

というわけで、今回はiPhoneの充電ケーブルの端子のタイプについて詳しく解説しています。これから充電ケーブルを買おうとしている人は参考にしてみてください。

ケーブル端子のタイプ

スマホの充電ケーブル端子は、3種類あります(下の画像)。

左からLightning、USB-C、USB-Bとなっています。

 

Lightningケーブル端子

一番左のLightningケーブル端子はApple独自の規格のケーブル端子です。上下どちらでも挿入できるのと、割と転送速度が早いことが魅力です。

しかし、iPhone・iPad・iPodなどアップル製品にしか使えないというデメリットがあります。

 

USBタイプBケーブル(microUSBケーブル)端子

一番右のUSBタイプBケーブル端子は、Android端末の充電ケーブルとして長く使われている規格(USB2.0)です。microUSBケーブル端子とも言います。

Androidスマホ・タブレット以外にもいろんな電子機器に対応しているので(PCの外付け機器とかPlaystation Vitaなど)、汎用性があって凄く便利です。ちなみにタイプBは上下の向きが決まっています。

 

USBタイプCケーブル

真ん中のUSBタイプCケーブル端子は、Android端末の充電ケーブルとして最近出てきたUSBの次世代規格(USB3.1)です。2016年位から普及してきた規格なので、古いスマホ・タブレットだと対応していませんが、タイプBよりも充電・転送速度が早いため。タイプC端子を挿せる充電器(ACアダプタ)も増えてきています。

Lightning端子と見た目が少し似ていますが、サイズや形状が結構違うので注意が必要です。

 

USBタイプAケーブル端子

余談ですが、USBケーブル端子にはあと一つタイプAという一番古い規格(USB3.0)があります。これはスマホ側じゃなくて充電器側によく使わている端子です。

iPhoneも充電器側の端子はこのタイプAが採用されてきました。

 

iPhone側はずっとLightningケーブル

iPhone12が発売される前に、「iPhone12はUSBタイプCのケーブルに対応する」という噂がありました。そして実際に、iPhone12には「Lightning - USB-Cケーブル」が同梱されました。

しかし、これは充電器側の端子がUSBタイプAからタイプCに変わったというだけで、iPhone側に挿す端子は今までと変わらずLightning端子です。なので「USB-C - USB-Cケーブル」はiPhoneには使えません。注意してください。

ちなみに「Lightning - USB-Cケーブル」は従来の「Lightning - USBケーブル」よりも充電速度が早いです。これはiPhone12以前の端末でも使えるので、高速充電したい場合は「Lightning - USB-Cケーブル」を買いましょう。ただし、これはUSBタイプCの端子が入る充電器じゃないと使えません。iPhone12以降はUSBタイプCの充電器が同梱されていますが、それ以前のiPhoneだと同梱されている充電器がUSBタイプAです。古いiPhoneを使っている人は一緒にタイプCに対応した充電器も買いましょう。

 

まとめ

今回の内容をまとめます。

  • iPhoneにはLightningケーブル端子しか刺さらない
  • iPhone12はUSBタイプCに対応したという話があるが、それは充電器側のケーブル端子がタイプCになったというだけ
  • UCBタイプCの端子とLightning端子は似ているけど違うので注意
  • USB-C - USB-CケーブルはiPhoneには使えない
  • 新しくLightning - USB-Cケーブルを買う場合は、充電器もUSBタイプCに対応したものを用意する必要がある

 



関連記事

iPhoneのケーブルがすぐ抜ける3つの原因と対処法

【感電するかも】iPhoneのケーブルが水に濡れた時の対処法

iPhoneをケーブルで繋いでもPCが認識しない原因7選

【Amazonで買える】おすすめiPhoneケーブル3選!

iPhoneにケーブルが挿さらない・奥まで入らない場合の対処法

iPhoneの壊れたケーブルの捨て方(自治体によって違う)