• Twitterでツイートしようとすると位置情報が表示される。このままツイートしたら位置情報ばれる?
  • iPhoneで撮った写真をTwitterにアップしたいけど、写真から位置情報がばれないか心配。
  • Twitterの位置情報ってどうやってオフにしたらいいの?
  • Twitterの設定で位置情報をオフにしているはずなのに、位置情報のマークが出るのはなぜ?

・・・とお悩みのあなた!Twitterの位置情報をオンにしたままツイートするとフォロワーに位置情報がバレます。なので、基本的には位置情報はオフにすることをおすすめします。

ただ、Twitterアプリの位置情報の設定は複雑なんですよね。というのも、設定アプリでもTwitterの位置情報の設定があって、Twitterアプリ内にも位置情報の設定があるんです。

また、位置情報をオフにしていても写真を投稿すると、その写真から位置情報がバレるリスクも有るため注意が必要です。

そこで今回は身バレを防ぐため、Twitterの位置情報を完全にオフにする方法を紹介します。

関連記事

ツイートの位置情報をオフにする方法

まずはツイートに位置情報が表示されないようにする方法を説明します。

ツイートしようとした時に、下に「~県~市」みたいに地名が表示されてしまう場合は、Twitterアプリ内の設定で位置情報がオンになっています。そのままツイートするとフォロワーさんに位置情報がバレてしまうので、すぐに位置情報を削除しましょう。

やり方は簡単です。ツイート画面の下にある位置情報アイコン(左から四番目の二重丸みたいなアイコン)をタップしてください。すると位置情報の一覧が表示されるので、左上の「削除」をタップしてください。するとツイート画面に戻りますが、位置情報の表示は消えているはずです。

ただし、このやり方だと毎回手動で位置情報を削除する必要があります。面倒くさいですよね。デフォルトで位置情報をオフにしたい場合は、Twitterの設定から位置情報をオフにしましょう。手順は以下のとおりです。

  1. Twitterアプリのホーム画面を開く
  2. 画面を右にスワイプしてアカウントメニューを表示させる
  3. 「設定とプライバシー」をタップする
  4. 「プライバシーとセキュリティ」をタップする
  5. 画面を少し下にスクロールして「正確な位置情報」を選択する
  6. 「正確な位置情報」のスイッチをオフにする

これでツイートに位置情報が添付されなくなりました。

 

位置情報はオフなのに位置情報がバレる

Twitterの設定で「正確な位置情報」をオフにすれば、ツイートに位置情報が添付される心配はなくなります。これで他のユーザーにあなたの位置情報がバレるリスクはほぼ無くなりました。

しかし、これでTwitterの位置情報の利用が完全にオフになったわけではありません。というのも、Twitterの設定で位置情報をオフにしただけだと、Twitter社はあなたの位置情報を取得できるんです。もちろん、Twitterは取得した位置情報を第三者からは見れないようにしていますし、取得された位置情報は主にあなたに合ったおすすめの投稿や広告を表示させるためだけに使われます(とTwitterは言っています)。

しかし、万が一ハッキングなどによる情報漏えいが起きるとも限りません。心配な人は、設定アプリからTwitterの位置情報の利用を制限しましょう。手順は以下のとおりです。

  1. 設定アプリを開く
  2. 「プライバシー」をタップする
  3. 「位置情報サービス」をタップする
  4. 「Twitter」をタップする
  5. 「位置情報の利用を許可」で「なし」を選択する

これで完全にTwitterの位置情報利用を阻止することができました。

 

Twitterに写真をアップする時の注意点

Twitterの位置情報をオフにする方法は以上なんですけど、一つだけ注意点があります。それはiPhoneで撮った写真をTwitterにアップする時の話です。

カメラの位置情報をオンにしている場合、iPhoneで撮った写真には位置情報が添付されます。

Twitterは、位置情報が付与された写真をアップしても、自動的に位置情報は削除されて投稿される仕様になっているので、位置情報が付与された写真をアップしても身バレするリスクは基本的にありません。

ただし、Twitter社は写真に付与された位置情報を取得しています。悪用されるわけではないと思いますが、万が一情報漏えいするリスクも0ではありません。心配な人は写真の位置情報を消しておきましょう。

 

写真に付与された位置情報を削除する方法

すでに撮った写真に位置情報が付与されているかどうかは、写真アプリで簡単に確認できます。写真アプリで写真を開いて、上のタイトルに撮影日時しか表示されていない場合は位置情報は記録されていません。ただし、撮影日時だけなく住所も表示されている場合は位置情報が記録されています。

iPhoneの標準機能では、写真の位置情報だけを後から削除することはできません。しかし、サードパーティ製のアプリを使えば可能です。

AppStoreで「Exif 削除」で検索すれば写真の位置情報を削除できるアプリが出てきます。おすすめは「写真のExif削除 Photo Secure」と「Exif Viewer」です。

 

カメラの位置情報をオフにする方法

カメラの位置情報をオフにしておけば、今後iPhoneで撮った写真には位置情報が付与されなくなります。

  1. iPhoneの設定アプリを開く
  2. 「プライバシー」をタップする
  3. 「位置情報サービス」をタップする
  4. 下の方にある「カメラ」をタップする
  5. 「なし」を選択する

 

まとめ

今回の内容をまとめます。

  • Twitterの設定で「正確な位置情報」をオフにすれば、ツイートに位置情報が表示されることはなくなるが、Twitter社は位置情報を最適な広告表示のために位置情報を取得できる
  • 設定アプリでTwitterの位置情報の利用をオフにすれば、完全に位置情報をオフに出来る
  • ただし、位置情報が付与された写真を投稿するとTwitterはその位置情報を取得できる(投稿前にTwitter側で自動的に位置情報を消す使用になっているため、他の利用者は位置情報を取得できない)
  • 「Exif Viewer」などのアプリを使えば写真の位置情報を編集・削除できる。カメラの位置情報をオフにしておけば、iPhoneで撮った写真に位置情報が付与されなくなる

今回紹介した方法を実践すれば、Twitterから位置情報がバレる心配はなくなります。もし設定を変更しても位置情報がオフにならない場合は、TwitterアプリかiPhoneのどちらかに不具合がある可能性が高いです。

Twitterアプリをしばらくアップデートしてない人は、一度アップデートしてからもう一度位置情報をオフにしてみてください。手順は以下のとおりです。

  1. AppStoreを開く
  2. 右上のアカウントアイコンをタップする
  3. 少し下にスクロールして「利用可能なアップデート」の欄からTwitterを探して「アップデート」をタップする

アプリをアップデートしてもダメな場合は、iPhoneのソフトウェアをアップデートしてみてください。手順は以下のとおりです。

  1. 設定アプリを開く
  2. 「一般」をタップする
  3. 「ソフトウェア・アップデート」をタップする
  4. 「ダウンロードしてインストール」をタップする
  5. ダウンロードが完了したら、「今すぐインストール」をタップする

ソフトウェアが最新版なのに位置情報をオフにできない場合は、一度iPhoneを再起動してみてください。

再起動のやり方は機種によって微妙に異なります。


出典:Appleサポート

【iPhoneX以降】

  1. サイドボタンとボリュームボタン(↑↓の片方だけ)を同時に長押し
  2. 「スライドで電源オフ」と表示されたらスライドして電源を切る
  3. 少し時間を置く(5秒ほど)
  4. サイドボタンを長押しして再起動

【iPhone8以前】

  1. サイドボタンを長押し
  2. 「スライドで電源オフ」と表示されたらスライドして電源を切る
  3. 少し時間を置く(5秒ほど)
  4. もう一度サイドボタンを長押しして再起動

【iPhone5以前】

  1. 上部の電源ボタンを長押し
  2. 「スライドで電源オフ」と表示されたらスライドして電源を切る
  3. 少し時間を置く(5秒ほど)
  4. もう一度上部の電源ボタンを長押しして再起動

iPhoneの再起動のやり方は以下の記事で詳しく解説しているので、やり方がよく分からない人はチェックしてみてください。



関連記事

iPhoneでTwitterのボタンや背景の色を変える方法

Twitterでリツイートできない5つの原因と対処法(iPhone)

Twitterでブックマークを追加・閲覧・削除する方法(iPhone)

TwitterアプリのリンクをSafariブラウザで開く方法(iPhone)

【iPhone】Twitterが重い8つの原因と解消方法

Twitterを開くと音楽が止まる5つの原因と対処法(iPhone)