iPhoneを使用していると、InstagramやTwitterなどの写真のアクセス許可を行いたいときがあります。

通常であればiPhoneの「設定」アプリから設定することが可能なのですが、たまに「Instagram(インスタ)」や「Twitter」の「写真のアクセス許可」が表示されないことがあります。

正直、アクセス許可を承認する気満々で設定していたのに、これでは設定できないので困りますよね。。

実際に僕自身もInstagramの写真のアクセス許可がどこにも見当たらず、この記事を書き始めることになりました😅

もし、同じく「写真のアクセス許可」が表示されない場合は、今回紹介する方法を試してみてください。

iPhoneで「写真のアクセス許可」を行う方法

まずはiPhoneで通常の「写真のアクセス許可」を行う場合について、サラッと説明します。

「設定」→「プライバシー」→「写真」→「アプリ」を選択したかった…(これで通常は出来ます)

「プライバシー」をタップ
「プライバシー」をタップ
「写真」をタップ
「写真」をタップ
「Instagram」をタップしたかった…
「Instagram」をタップしたかった…

また、もしくはアプリ側の設定でも出来ます。

「設定」→画面一番下にある「アプリ一覧」からアプリを選択→「写真」をタップしたかった…

「設定」をタップ
「設定」をタップ
「Instagram」をタップ
「Instagram」をタップ
「写真」をタップしたかった…
「写真」をタップしたかった…

というわけで、僕自身の場合はInstagramのアプリがどちらも表示されませんでした。なんで…どうして…。

iPhoneでTwitterやインスタの「写真のアクセス許可」が表示されないときの対処法

ではTwitterやInstagramなどで「写真のアクセス許可」がでなくなったときは、どうやって対処すればよいのでしょうか?

「写真のアクセス許可」が表示されてないときに、まず確認することは「写真のアクセス許可」が必要なところまでアプリを使用することです。

色々とiPhoneを触りながら調べたところ、どうやら最新のiOSでは「写真のアクセス許可」が必要なところまでアプリを使用しないと「写真のアクセス許可」が現れないようです。

というわけで、InstagramやTwitterなどで「写真のアクセス許可」の表示がされるまで実行してみてください。

例えばInstagramであれば投稿を作成するところまで、実行します。

そうすると「写真のアクセス」の表示が出ますので、ここで写真のアクセス許可の権限レベルを変更できます。

アプリを開いて「アクセス許可」が必要なところまで移動する
アプリを開いて「アクセス許可」が必要なところまで移動する
「アクセス許可」の権限を変更できる
「アクセス許可」の権限を変更できる

ちなみに、この設定を行った後に先ほどの画面に移動してみると「写真のアクセス許可」の表示が出ています。

「写真のアクセス許可」の表示 (1)

「写真のアクセス許可」の表示 (2)

 

再インストールで解決することも

先ほど『「写真のアクセス許可」が必要なところまでアプリを使用』した状態でも出てこなかった場合。

次に行うことは「アプリの再インストール」です。

以前の解決方法でアプリを再インストールすることで「写真のアクセス許可」が出現されているのが確認されています。

というわけで早速、アプリを削除しましょう。

「写真のアクセス許可」が出ないアプリをロングタップします。

するとクイックアクションが出ますので「Appを削除」をタップします。

削除したいアプリをロングタップ
削除したいアプリをロングタップ
「Appを削除」をタップ
「Appを削除」をタップ

ポップアップ画面でホーム画面から取り除くかアプリの削除か?を聞かれるので、今回は「Appを削除」をタップします。

確認のポップアップ画面で「削除」をタップします。

「Appを削除」をタップ
「Appを削除」をタップ
「削除」をタップ
「削除」をタップ

これでアプリの削除は完了です。

続いてアプリを再インストールします。

iPhoneのホーム画面から「Apple Store」をタップします。

Apple Storeを開いたら、下メニューバーにある「検索」をタップします。

「Apple store」をタップ
「Apple store」をタップ
下メニューバーにある「検索」をタップ
「検索」をタップ

先ほど削除した「アプリ名」を入力して検索します。(今回は削除したInstagramを検索しています)

アプリの右横にある「雲のマーク」をタップして再インストールします。

「アプリ名」を入力して検索
「アプリ名」を入力して検索
「雲のマーク」をタップ
「雲のマーク」をタップ

あとはアプリを開いて「ログイン」を行った後に、先ほどと同様に投稿で「アクセス許可」が必要なところまでアプリを使用して、権限を設定すれば問題なく表示されます。

容量不足が原因で「写真」が出ないこともある

他にも、iPhoneのストレージ不足でアクセス許可が出ないことがあります。

iPhoneの空き容量が不足していないかどうか?確認してみてください。

まとめ

今回は「Instagram(インスタ)」や「Twitter」の「写真のアクセス許可」が表示されないときの対処法について、ご紹介しました。

この問題、結構前から残っている問題のようですが、調べてみると意外とiOSのアップデートによって起こることが多々あるようです。

iOSアップデート後はアクセス許可の使用が再確認されるまでは、アクセス許可が現れなかったりするためです。

しかし、ちょっと分かりづらくて悩む部分は事実ですので、焦らず使用してみて、それでも見当たらない場合は再インストールを試みましょう。

著者:忍者 忍者の記事一覧
全然忍んでないけど忍び。
最後までお読みいただき、ありがとうございます!
この記事が役に立った場合はSNSでのシェアをよろしくお願いします
 
この記事を読んだ方は、以下の記事も多く読まれています
関連記事
iPhoneの共有メニューから人物アイコンを非表示にするには?

iPhoneの共有メニューから人物アイコンを非表示にするには?

iPhoneのパスワードが自動入力できない理由と3つの解決策!

iPhoneのパスワードが自動入力できない理由と3つの解決策!

ピックアップ記事

iPhoneでLINE通話を録音する方法!アプリは録音不可

iPhoneのNight Shiftを一日中ずっとオンにする方法

iPhoneのNight Shiftを一日中ずっとオンにする方法

Zoomのプロフィール画像を変更・削除・初期化する方法(iPhone版)

iPhoneでLINEをバックアップできない原因TOP3

Safariの共有メニューにTwitterやLINE等が表示されない原因(iPhone)

iPhoneでコントロールセンターのメニューを追加してカスタマイズする

【iPhone】Twitterでセンシティブな内容を表示する方法と注意点

【iPhoneカメラ】明るさを調整・変更・固定する方法

iPhoneバックアップ!iCloudとiTunesの違いまとめ

Twitterの音声チャット「スペース」の使い方(iPhone)

古いiPhoneだとLINEビデオ通話でフィルターが使えない

買ったばかりのiPhoneが熱い=初期不良ではない