iPhoneの写真をiCloudに保存する方法は全部で3つあります。

iPhone本体には写真を保存せず、iCloudにだけ写真を保存したい場合は、iCloud写真をオンにしましょう。

iPhoneの写真のバックアップをiCloudに保存したい場合は、iCloudバックアップを作成しましょう。

iCloudストレージの容量が足りなくて全ての写真を保存できない場合は、必要な写真だけ選んでiCloud Driveに保存することもできます

というわけで、今回はiPhoneの写真をiCloudに保存する方法を紹介します。

写真をiCloudにだけ保存にする方法(iPhoneには保存しない)

iPhoneストレージがいっぱいで容量を減らしたい人は、iCloud写真をオンにしましょう。そうすればiPhoneで撮影した写真や動画が、iPhoneストレージではなくiCloudストレージに保存されるようになります。

 

iCloud写真とは?

「iCloud写真」とはiCloudとiPhoneのフォトライブラリを同期する機能です。「iCloud写真」をオンにすると、iPhoneで撮影した写真や動画がiCloudに保存されるようになります。

フォトライブラリが同期されているので、iCloudに保存されている写真はiPhoneの写真アプリで普通に見ることができます。

iCloud写真の詳しい説明は別の記事で詳しく解説しているので、気になる人はどうぞ!

⇒ iCloud写真はバックアップではなく同期!iPhone以外でも写真が見れるようになる

 

iCloud写真の設定手順

「iCloud写真」の設定はiPhoneの設定アプリで行えます。

まずは設定アプリを開いて、画面を下にスクロールしていってください。すると「写真」があるので、それをタップしましょう。

すると一番上に「iCloud写真」があります。右のスイッチをタップしてオン(緑色)にしてください。

iCloud写真には「iPhoneのストレージを最適化」と「オリジナルをダウンロード」の2つのモードがあります。

「iPhoneのストレージを最適化」は、撮影したフル解像度の写真・動画をiCloudのみに保存して、iPhoneには低画質のサムネイル画像だけを保存するモードです。

「オリジナルをダウンロード」は、撮影したフル解像度の写真・動画をiCloudとiPhoneの両方に保存するモードです。

PointiPhone本体容量を減らしたい場合は、iCloud写真をオンにして「iPhoneのストレージを最適化」に設定

 

iPhoneの全ての写真をiCloudにバックアップ保存する方法

iPhoneに写真を残したまま、写真のバックアップをiCloudに保存したい場合は「iCloudバックアップ」を作成しましょう。

ただし、写真を「iCloudバックアップ」に保存できるのは「iCloud写真」をオフにしている場合です。「iCloud写真」を使っている人はバックアップに写真が含まれないので注意してください。

それでは、iCloudバックアップの作成手順を説明します。

 

iCloudバックアップに写真が入っているか確認

バックアップを作成する前に、写真が「バックアップするデータ」に含まれているか確認してください。

設定アプリを開いて、一番上の自分の名前をタップしてください。

「iCloud」をタップしてください。

すると「iCloud」の画面になります。「ストレージを管理」をタップしてください。

「バックアップ」をタップしてください。

下にある「このiPhone」をタップしてください。

するとバックアップデータのサイズと、iCloudにバックアップされるデータの内訳が表示されます。「バックアップするデータを選択」という欄で、「フォトライブラリ」がオンになっていることを確認してください。

iCloud写真をオンにしている場合は、ここでフォトライブラリが表示されません。

 

iCloudバックアップ作成手順

フォトライブラリがバックアップに含まれていることを確認したら、早速バックアップを作成していきます。先ほど開いた「iCloud」の画面に戻ってください。そして画面を下にスクロールして「iCloudバックアップ」をタップしてください。

するとバックアップの設定画面になります。

iCloudバックアップをオンにしておくと、自動でバックアップが作成されます。ただし、以下の4つの条件を満たしていないと、自動バックアップは機能しません。

  • Wi-Fiに接続されている
  • 電源に接続されている(充電中)
  • 画面がロックされている
  • iCloudストレージに十分な空き容量がある

手動でバックアップする際は、下の「今すぐバックアップを作成」をタップしてください。手動でバックアップする際もWi-Fi接続が必須です。

 

iCloudバックアップの注意点

iCloudバックアップは非常に手軽で簡単ですが、2つ注意点があります。

  • バックアップの中身を見れない
  • 写真だけ復元できない

iCloudのバックアップデータは中身を見ることができません。また、バックアップの中から写真だけ取り出してダウンロードすることもできません。バックアップを復元する際は、一度iPhoneを初期化して上で、全てのデータを上書きすることになります。

⇒ iCloudバックアップから写真だけiPhoneに復元するのは無理

 

スポンサーリンク

自分で選んだ写真だけをiCloudに保存する方法

  • iCloudストレージ容量が足りなくて全ての写真を保存できない
  • 必要な写真だけ選んでiCloudにバックアップしたい
  • iCloudに保存した写真を閲覧・ダウンロードできるようにしたい

という場合は、写真アプリからiCloud Driveの「ファイルに保存」しましょう。

iCloud Driveに写真を保存する手順

まずは写真アプリを開いて、iCloudに保存したい写真を開いてください。そしたら左下のアイコンをタップしましょう。

すると以下のようにメニューが表示されます。下にスクロールして「ファイルに保存」という項目を探して選択してください。

すると、どこに保存するかの選択画面になります。「iCloud Drive」をタップしてフォルダを選択してください。今回はダウンロードフォルダに保存します。フォルダを選んだら右上の「保存」をタップしてください。

これでiCloud Driveに写真が保存されました。

 

iCloud Driveに保存した写真の確認方法

iCloud Driveに保存した写真を閲覧・ダウンロードするにはPCが必要です。iPhoneではiCloud Driveに写真が保存されていることを確認できても、その写真を見たりダウンロードすることはできません。

PCでiCloud Driveに保存した写真を見る方法

PCで写真を見たい場合は、ウェブブラウザでiCloud.comにアクセスして、iCloudを使用しているAppleIDでサインインしてください。

iCloud.comのホーム画面が開いたら、「iCloud Drive」をクリックしてください。

写真を保存したフォルダを選択してください。僕は「Downloads」に保存したので「Downloads」を選択します。

すると、先程iCloud Driveに保存した写真が表示されます。写真をダブルクリックすればフルサイズで表示されます。

写真を選択した状態で、上部メニューバーにある「クラウド↓」アイコンをクリックすればダウンロードもできます。

 

iPhoneでiCloud Driveに保存した写真を確認する方法

バックアップと同様、iPhoneの設定アプリを開いて、一番上の自分の名前をタップしてください。

「iCloud」をタップしてください。

続いて「ストレージを管理」をタップしてください。

「iCloud Drive」を選択してください。

するとiCloud Driveに保存された項目が表示されます。

フォルダ名をタップすると、中に保存されているファイル名が表示されます。

ただし、保存されているファイル名が表示されるだけで、ファイルを開くことはできません

ちなみに、iPhoneのウェブブラウザ「Safari」でもiCloud.comにアクセスすることはできますが、なぜかiPhone版SafariだとiCloud Driveが表示されません

 

iCloudに写真を保存するのは簡単

今回の内容をまとめます。

  • iCloudにだけ写真を保存してiPhoneストレージ容量を節約したい場合は、iCloud写真をオンにする
  • iPhoneにある全ての写真をiCloudにバックアップしたい場合は、iCloudバックアップを作成
  • 必要な写真だけ選んでiCloudに保存したい場合は、写真アプリで1枚ずつiCloud Driveのファイルに保存

 



関連記事

【iCloud写真】オリジナルをダウンロードできてるか確認する方法(iPhone)

iCloudの写真とフォトライブラリ(バックアップ)の違い【iPhone】

iPhoneストレージとiCloudストレージの違い

写真を消さずにiCloud写真をオフにする方法(iPhone)

iCloud容量があるのにバックアップできない原因と対策

iCloudバックアップを削除してもiPhoneデータは消えない