iCloudに保存してある写真や動画をiPhoneやPCにダウンロードするには、WEBブラウザでiCloud.comにアクセスする必要があります。iCloud.comでは全ての写真をまとめてダウンロードすることもできますし、特定の写真だけをダウンロードすることもできます。

というわけで今回は

「写真がiCloudに保存されるから
iPhoneから写真を送れない」
「iCloudの写真をPCに移したい」

という方向けに、iCloudに保存してある写真の閲覧・ダウンロード方法を解説します。

 

 

iCloud保存の写真をiPhoneにダウンロードする方法

iPhoneで撮影した写真・動画が、iPhone本体に保存されずiCloudに保存されるようになっている人は、「iCloud写真」がオンになっています。

iCloudに保存された写真・動画は、ネットに接続されていれば普通にiPhoneの写真アプリで見ることができます。ただし、オフラインでは写真・動画を見れません。

また、iPhone本体には写真・動画が保存されていないため、他の人と写真・動画を送信したり共有することができません

  • オフラインでも写真を見たい
  • iPhoneで写真を送信・共有したい

という場合は、iCloudにある写真をiPhoneにダウンロードする必要があります。ダウンロード方法は2つあります。

 

iCloudにある全ての写真をダウンロードする方法

まず全ての写真をダウンロードしたい場合は、iCloud写真の設定を変更するだけで終わります。

設定アプリを開いて「写真」をタップしてください。そして「iCloud写真」の下の選択項目を見てください。

デフォルトだと「iPhoneのストレージを最適化」にチェックが入っていると思います。これは写真・動画がiCloudにだけ保存されるモードです。

iCloudだけでなくiPhone本体にも写真・動画を保存したい場合は、その下の「オリジナルをダウンロード」を選択してください。

ダウンロードはWi-Fi必須

ただし、「オリジナルをダウンロード」を選択しても、Wi-Fiに接続されていないとダウンロードが始まりません。また、写真が多い場合は全てのダウンロードが完了するまで結構時間がかかります。終わるまでWi-Fi接続を切断しないようにしてください。

iCloud写真をオフにしても無駄

ちなみに、iCloud写真をオフにしても、iCloudにある写真がiPhoneに戻ってくることはありません。ただiCloudとのリンクが切れるだけなので、今まで撮影した写真・動画がiPhone上で見れなくなります

iCloud写真の仕組みについては別の記事で詳しく解説しているので、気になる人はこちらをご覧ください。

⇒ iCloud写真はバックアップではなく同期!iPhone以外でも閲覧可

 

特定の写真だけダウンロードする方法

iCloudに保存されている一部の写真だけをiPhoneにダウンロードしたい場合は、iCloud.comにアクセスしましょう。

Safariブラウザを起動して、URLの欄に「iCloud.com」と入力してください。すると以下のようにサインイン画面が表示されます。

同じアカウントのiCloudから写真をダウンロードする場合は「続ける」、違うアカウントのiCloudから写真をダウンロードする場合は「別のAppleIDを使用」をタップして、AppleIDとパスワードを入力してサインインしてください。

FaceIDを設定している場合は、パスワードを入力しなくても顔パスでサインインできます。

サインインするとiCloudのホーム画面が開きます。「写真」をタップしてください。

するとアルバムが表示されます。表示されない場合は右下の「アルバム」タブをタップしてください。

ダウンロードしたい写真をタップして、右下の「・・・」をタップしてください。そして「ダウンロード」を選択すれば、iPhone本体に写真がダウンロードされます。

 

iCloud保存の写真をPCで閲覧・ダウンロードする方法

iCloudからPCに写真をダウンロードしたい場合は、PCのブラウザでiCloud.comにアクセスしてください。

するとiPhoneのときと同様サインイン画面が表示されます。Macの場合は簡単にサインインできますが、WindowsPCの場合はiPhoneで認証しないといけないので結構手間がかかります。

以下、Windowsの場合のサインイン手順を説明します。まずAppleIDとパスワードを入力してください。

するとiPhoneに確認コードが送信されます。それをPCブラウザ画面に入力してください。

2ファクタ認証が完了すると、ブラウザを信頼するかという画面になります。「信頼する」を選択しておくと、次回のサインインで確認コードの入力を省略することができます。

サインインが完了すると、ホーム画面が表示されます。「写真」を選択してください。

するとアルバムが表示されます。ダウンロードしたい写真を選択して、右上の「雲に↓」のアイコンをクリックすれば、ダウンロードが始まります。

 

他のアプリのデータもダウンロード可能

これは余談ですが、iPhoneでiCloud.comにアクセスすると「写真」「メモ」「iPhoneを探す」しかメニューがありません。なので閲覧・ダウンロードできるのは写真とメモだけです。

しかし、PCブラウザでは写真やメモ以外にもメニューがたくさん表示されます。連絡先やリマインダーのデータなども閲覧・ダウンロードできます。

 

スポンサーリンク

iCloudは便利

今回の内容をまとめます。

  • iCloud写真がオンだと、iPhoneで撮影した写真・動画がiCloud保存になる
  • iCloudに保存された写真や動画は、iPhoneで見ることはできても、他の人に送信したりはできない
  • iCloud写真をオフにしても写真はiPhoneに戻ってこない。ただ今までの写真や動画がiPhoneで見れなくなるだけ
  • iCloudにある全ての写真・動画をiPhoneにダウンロードして保存するには、iCloud写真の設定を「オリジナルをダウンロード」に変更してWi-Fi接続
  • WEBブラウザでiCloud.comにアクセスすれば、任意の写真・動画をiPhoneやPCにダウンロードできる

写真や動画をiCloud保存にしておくと、iPhoneだけでなくPCやタブレットなど他の端末でも写真・動画を共有できて便利です。ただ、メールなどに写真を添付して送信する際は、一度端末に写真をダウンロードする必要があります。注意してください。



関連記事

iCloud容量があるのにバックアップできない原因と対策

iPhoneのアプリはiCloudにバックアップされない

iPhoneストレージとiCloudストレージの違い

iCloud写真はバックアップではなく同期!iPhone以外でも閲覧可

iPhoneの写真をiCloudに保存する3つの方法

iCloudバックアップを削除してもiPhoneデータは消えない