iCloudストレージの容量がいっぱいだから、iCloudにある写真を削除しようとしているあなた!

iCloudの写真を削除すると、iPhoneの写真も一緒に消えてしまうことがあるので注意が必要です。

今回はiPhone本体には写真を残しつつ、iCloudにある写真だけを削除する方法を紹介します。

iCloudの写真を削除するとiPhoneからも写真が消える?

「iCloud写真」がオンになっている状態でiCloudにある写真を削除すると、連動してiPhoneの写真も消えてしまいます。

 

iCloud写真がオンだとiPhoneの写真も消える

「iCloud写真」とは、iCloudストレージとiPhoneストレージのフォトライブラリを同期する機能です。「iCloud写真」がオンにしたまま片方のストレージにある写真を削除すると、もう一方のストレージにある写真も連動して削除されてしまいます。

⇒ iCloud写真の仕組みと使い方

「iCloud写真」がオンになっているかどうかは、iPhoneの設定アプリで確認できます。設定を開いて「写真」を選択してください。少し下の方にあります。

iPhone設定(写真)

すると以下のような画面になります。一番上の「iCloud写真」のスイッチが緑色ならiCloud写真がオンになっています。

 

オリジナルをダウンロードしていても関係ない

iCloud写真には、「iPhoneのストレージを最適化」と「オリジナルをダウンロード」の2つのモードがあります。

「iPhoneのストレージを最適化」にすると、iPhoneで撮影した写真はiCloudにのみ保存されます。iPhoneで写真を見る際は、iCloudにアクセスして写真が表示されます。

「オリジナルをダウンロード」にすると、撮影したフル解像度の写真がiCloudとiPhoneの両方のストレージに保存されます。

ここで注意が必要なのは、どちらのモードにしていても、iCloudの写真を消したらiPhoneの写真も連動して消えてしまうということです。

だってiCloudストレージとiPhoneストレージが同期していることに変わりないですからね。

『オリジナルをダウンロード』にしておけば、iCloudの写真を削除してもiPhoneの写真は消えない

…なんて言う人がたまにいるんですけど(僕もそう思ってたんですけど)、iCloud写真がオンなら全部消えちゃうので注意してくださいね。

 

iCloudにある写真だけを削除する方法

iPhoneから写真が消えないようにためには、iCloudから写真を削除する前に以下の2つを作業をしなければいけません。

  1. iCloudからオリジナルをダウンロード
  2. iCloud写真をオフにする

 

オリジナルをダウンロードする

iCloud写真の設定が「iPhoneストレージを最適化」になっている場合、写真がiCloudにだけ保存されている状態です。

iPhone本体に写真を残すには、まずはオリジナル写真をiPhoneにダウンロードする必要があります。設定を「オリジナルをダウンロード」に変更してWi-Fiに接続してください(モバイルデータ通信ではダウンロードが始まりません)。

iCloud写真の設定画面では「ダウンロード中」みたいな表示が一切出ないため分かりづらいですが、オリジナルのダウンロードには結構時間がかかります。写真が多いとダウンロードが完了するまで数日かかることも珍しくありません。

ダウンロードが終わってない状態でiCloud写真をオフにしちゃうと写真が消えてしまうので注意が必要です。ダウンロードが完了したかどうかは、写真アプリで確認できます。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

⇒ 【iCloud写真】オリジナルをダウンロードできてるか確認する方法

 

iCloud写真をオフにする

オリジナルのダウンロードが完了したら、iCloud写真をオフにしましょう。

同じAppleIDでiCloudにサインインしている全ての端末で「iCloud写真」をオフにすると、iCloudストレージにある写真は自動的に削除されます。

そのため、iPhone 1台しか持っていないという人は、iCloud写真をオフにするだけでiCloudの写真を削除できます。

 

スポンサーリンク

iCloudの写真を削除する2つの方法

複数の端末でiCloud写真を利用している場合は、iPhoneでiCloud写真をオフにしただけでは、iCloudの写真は削除されません。手動で削除する必要があります。

iCloudの写真を手動で削除する方法は2つあります。

  • 全ての写真を削除する方法
  • 消したい写真だけ選んで削除する方法

 

iCloudの全ての写真を削除する方法

写真を全て削除する場合は簡単です。まずはiPhoneの設定アプリを開いて、一番上の自分の名前をタップしてください。

次に「iCloud」をタップしてください。

「ストレージを管理」をタップしてください。

「写真」を選択してください。

無効化して削除」をタップしてください。すると下に「写真とビデオを削除」と出てくるので、これをタップしてください。

無効化して削除すると、以下のような画面になります。「30日でiCloudに保存されている写真とビデオが削除される」と書かれています。

写真を削除したのにiCloudの容量が減らない

写真を削除してから「iCloudストレージ」の画面に戻ると、なぜかまだ写真が残っているように見えます

「え?30日後に削除されるって、それまでストレージ容量は減らないの?」と思うかもしれませんが、そうではありません。これはまだ削除した結果が反映されていないだけです。

もう一つ前の「iCloud」の画面に戻ると写真が消えてストレージ容量が空いていることが確認できます。

 

消したい写真だけ削除する方法

「iCloudストレージの容量を減らしたいけど残したい写真もある」という場合は、一部の写真だけ削除することもできます。

WEBブラウザ(Safariなど)を立ち上げて、iCloud.comにアクセスしてください。PCがある場合はPCのWEBブラウザでも構いません。ただ、iCloud.comにサインインする際、iPhoneの方が手順が少なくて楽ちんです。

AppleIDでiCloud.comにサインインすると、iCloudのホーム画面が開きます。「写真」を選択してください。

するとiCloudに保存されている写真が一覧表示されます。右上の「選択してください」をタップしてください。

削除したい写真を選択して、下のゴミ箱アイコンをタップします。

すると「削除しますか?」と聞かれるので、「削除」を選んでください。

これで削除は完了です。

 

iCloudの写真を削除する際は慎重に

今回の内容をまとめます。

  • iCloud写真がオンの状態でiCloudにある写真を削除すると、一緒にiPhoneの写真も消える(オリジナルをダウンロードしていても関係ない)
  • iPhoneに写真を残すには、オリジナルをダウンロードしてiCloud写真をオフにしてから、iCloudの写真を削除する
  • iCloudのすべての写真を削除したい場合は設定アプリで「無効化して削除」、消したい写真だけ選んで削除する場合はiCloud.comで削除する

iCloud写真は便利な機能ですが、写真を削除する際は注意が必要です。

ちなみに、iCloudの写真は削除して30日以内であれば復元することができます。間違って削除してしまった場合は、iCloudストレージの画面から「写真」を選択して、「無効化して削除を取り消す」をタップしてください。一瞬で写真が復元されます。

The following two tabs change content below.


関連記事

「このiCloudメールはすでに追加されてる」となる原因(iPhone)

iCloud写真はバックアップではなく同期!iPhone以外でも閲覧可

iCloudバックアップは上書き保存だが上書きされない(iPhone)

iCloudバックアップでメールだけ復元できない原因と解決策(iPhone)

iPhoneのアプリはiCloudにバックアップされない

iCloud容量があるのにバックアップできない原因と対策