iCloud写真をオンにしたのに全然写真がアップロードされないな」と思ったら、とりあえず写真アプリを開いてみてください。

下の方に「アップロード中」と表示されている場合は、もうしばらく待ちましょう。ずっとアップロード中のまま変わらない場合は、ネットの接続状況電源を見直す必要があります。

~項目がiCloudにアップロードされていません」と表示されている場合は、何かしらアップデートできない原因があるってことです。待っていてもアップロードされないので、原因を特定して対処する必要があります。

というわけで、今回はiPhoneの写真がiCloudにアップロードされない、もしくはアップロードが遅い原因とその対処法を紹介します。

 

写真がiCloudにアップロードされない原因2選

写真アプリの下の方に「~項目がiCloudにアップロードされていません」と表示されている場合は、完全にアップロードが中断されている状態です。

写真のアップロードが中断される原因としては、以下の2つが考えられます。

  • iCloudストレージの容量が足りない
  • ネットに繋がっていない

 

iCloudストレージの容量が足りない

1つ目は容量不足です。無料で利用できるiCloudストレージ容量は5GBまでです。ストレージがいっぱいになると、iCloud写真をオンにしても写真・動画はアップロードされなくなります。

iCloudストレージの容量を確認する方法

iCloudストレージの使用状況は、iPhoneの設定アプリから確認できます。設定アプリを開いたら、まず一番上の「自分の名前」をタップしてください。

次に「iCloud」をタップしてください。

するとiCloudストレージの使用状況が表示されます。

僕みたいに空き容量が十分にある場合は大丈夫なんですけど、これが満杯になっていると写真をアップロードできません。

iCloudの容量が足りない場合の対処法

iCloudストレージの容量不足を解消する方法は2つしかありません。

  • 不要なデータを削除する
  • 容量を増やす(有料)

iCloudストレージは課金してアップグレードすることで、容量を最大2TBまで増やすことができます。

ストレージをアップグレードするには、先程開いたiCloudストレージの画面で「ストレージを管理」をタップしてください。

続いて「ストレージプランを変更」を選択してください。

すると、ストレージプランの選択画面が表示されます。有料プランは50GB・200GB・2TBの3つで、いずれも月額制です。

ストレージをアップグレードする場合は、iPhoneストレージにある写真データのサイズを確認して、どの容量を買うか選んでくださいね。まぁ、大体は50GBで足りますけどね。

 

ネットに繋がっていない

iCloudストレージの容量は足りているのにアップロードされない場合は、ネットの接続状況に問題がある可能性が高いです。言うまでもないかもしれませんが、ネットに繋がっていないとiCloudに写真をアップロードできません。

デフォルトの設定だと、Wi-Fiに接続していないと写真はiCloudにアップロードされません。なぜなら、モバイルデータ通信だと通信速度が不安定だからです。

なぜかWi-Fiに接続できない
という場合は、こちらの記事をご参照ください。

⇒ iPhoneがWi-Fiに繋がらない11の原因と対処法!!

そもそもWi-Fi環境がない
という場合は、モバイルデータ通信でもアップロードできるように設定を変更するしかありません。

モバイルデータ通信でアップロードできるようにする方法

iPhoneの設定アプリを開いて、「写真」をタップしてください。

すると写真の設定画面になります。下の方にある「モバイルデータ通信」をタップしてください。

すると以下のような画面になります。

上の「モバイルデータ通信」をオンにすれば、モバイルデータ通信でもiCloudに写真をアップロードできるようになります。ただし、通信プランの限度を超えないように制限がかかります。

下の「アップデートの制限なし」をオンにすれば、制限なしでアップロードできるようになりますが、通信プランの限度を超えて通信速度制限がかかる可能性大なので、おすすめはしません。

モバイルデータ通信をオンにできない場合

上記の手順で「モバイルデータ通信」の設定を変更できない場合は、「コンテンツとプライバシーの制限」がかかっています。設定を変更する前に制限を解除する必要があります。

制限を解除するには、設定アプリのトップ画面で「スクリーンタイム」をタップしてください。

そして下の方にある「コンテンツとプライバシーの制限」を選択してください。

「コンテンツとプライバシーの制限」の画面を下にスクロールしていくと、「モバイルデータ通信の変更」という項目があるのでタップしてください。

「許可」を選択すれば、モバイルデータ通信の設定を変更できるようになります。

 

iCloud写真のアップロードが遅い原因3選

「ネットには接続してる」
「iCloudの容量も買い足した」

にもかかわらず写真がなかなかiCloudにアップロードされない、もしくはアップロード中から進まない場合は、以下の3つの原因が考えられます。

  • ネット接続が不安定
  • バッテリーが少ない
  • 写真が多い

ネット接続が不安定

ネットに接続されていても、接続が安定していないとアップロードはなかなか進みません。

これは特にモバイルデータ通信でアップロードしている場合に多いです。モバイルデータ通信で大容量のデータをアップロードしていると、すぐに通信速度制限がかかります。

なので、Wi-Fi環境でアップロードすることをおすすめします。Wi-Fiでもルーターから遠かったりするとアップロードが進まないので、ルーターの近くでやるか、遠い場合は中継機を使いましょう。

 

バッテリー残量が足りない

2つ目の原因はバッテリー不足です。バッテリーが少なくなると電源を節約するためにアップロードが中断されます。

これは充電すれば解決するので、すぐに電源に接続してください。

 

写真が多い

3つ目の原因は、アップロードするデータの量です。

写真・動画が多い(データサイズが大きい)と、一気にアップロードせず、休み休みアップロードしてるっぽいんですよね。多分一気にアップロードしてしまうと、通信回線に負荷がかかりすぎて、iPhoneで他の作業ができなくなるからだと思います。

逆に通信回線に負荷がかかることをしていると、アップロードが中断されたままになってしまいます。アップロード中は、ゲームをしたりYouTubeを見たりしないようにしましょう。

 

スポンサーリンク

iCloud写真のアップロードは時間がかかる

今回の内容をまとめると・・・

  • iCloudに写真をアップロードするにはネット接続が必要
  • モバイルデータ通信でもアップロードできるが、接続が安定しないためWi-Fiがおすすめ
  • iCloudストレージの容量が足りないとiCloud写真をオンにしても写真がアップロードされない
  • iPhoneのバッテリーが少ないとアップロードが一時中断される
  • 写真・ビデオの量が多い場合は、ネット回線に負荷をかけすぎないように休み休みアップロードされるため、終わるまで時間がかかる

iCloud写真をオンにしても、すぐにはアップロードが始まらないことが多いです。アップロードが始まっても、写真の量が多いと終わるまで結構時間がかかります。

写真が5000枚以上あった友達は、アップロードが終わるまで3日かかったと言っていました。

iCloudの容量を確認して
Wi-Fiに接続して
電源に接続して
気長に待ちましょう。



関連記事

iPhoneの写真がiCloudにバックアップされない原因と対処法

iCloudバックアップは上書き保存だが上書きされない(iPhone)

iCloudの写真とフォトライブラリ(バックアップ)の違い【iPhone】

iPhoneをiCloudにバックアップできない原因4選

iPhoneのアプリはiCloudにバックアップされない

写真を消さずにiCloud写真をオフにする方法(iPhone)