iPhoneのLINEデータをバックアップするのにパソコンは必要ありません。iPhoneはワンタップでiCloud Driveに全データ(トーク・スタンプ含む)をバックアップできるので、スマホだけで完結します!

というわけで、今回はiPhoneでLINEのバックアップを取る方法を解説します。

機種変更したり修理に出す人はもちろん、そうじゃない人も定期的にバックアップ取っておいた方がいいですよ。特にiPhoneをよく落とす人はバックアップ必須です。

iCloud Driveを準備!

まずはLINEのデータをバックアップするiCloud Driveの準備をしましょう。

iCloudにサインイン

iPhoneの設定画面を開いてください。そして一番上に表示されているApple IDをタップしてください。

もしIDではなく「iPhoneにサインイン」と表示されている場合は、タップしてApple ID・パスワードの設定をしてください。

Apple IDでサインインすると、以下のようなアカウント画面が表示されます。中段にあるiCloudをタップしてください。

iCloudの設定画面を下にスクロールしていくと、「iCloud Drive」という項目があります。右側のスライドをONにしてください。

これでiCloud Driveにバックアップできる状態になりました。

 

iOSを最新版にバージョンアップ

ちなみに、もしiOSのバージョンが古い場合は、最新版にバージョンアップさせておいてくださいね。

というのも、古いバージョンのiOSでバックアップしたデータを新しいバージョンのiOSで復元しようとすると、エラーが起きることがあるんです。

せっかくバックアップをとっても、復元できないんじゃ「ただのジャンクファイル」ですからね。

⇒ iPhone版LINEのバックアップ・復元に失敗する原因TOP3

 

LINEの全データをバックアップする方法

さて、ここからはLINEアプリを使ってバックアップを取っていきますよ。

 

LINEアプリをアップデート

バックアップを取る前に、まずはアプリが最新版か確認してくださいね。LINEアプリのバージョンが違うと、バックアップデータの復元に失敗することがあります。アプリのアップデートは「App Store」で行ってください。

App Storeを開いたら、下の「アップデート」タブをタップして、LINEアプリを確認してください。横に「アップデート」ボタンが表示されている場合はバージョンが古いので、アップデートしてください。

横に「開く」と表示されている場合は既に最新版なので、アップデートの必要はありません。

 

LINEアカウント情報の設定

続いて、LINEのアカウント情報に電話番号・メールアドレス・パスワードを登録します。

というのも、バックアップデータを復元するには、まず同じLINEアカウントにログインする必要があるんです。

そしてLINEアカウントにログインする時に必要になるのが、電話番号・メールアドレス・パスワードです。だから電話番号とメアドとパスを事前に登録しておく必要があります。

LINEアプリを起動したら、左上の歯車アイコンをタップしてください。

すると設定画面が開きます。「アカウント」をタップしてください。

アカウント情報で、番号とメールアドレスとパスワードを登録してください。既に登録されている場合は、以下のように表示されます。

これで他の端末でもLINEにログインできるようになりました。

 

LINEトークデータのバックアップ方法

これですべての準備が整いました。トークデータをiCloud Driveにバックアップしましょうか。

LINEの設定画面から「トーク」を選択してください。

「トークのバックアップ」をタップしてください。

「今すぐバックアップ」をタップしてください。

するとバックアップデータの送信が始まります。バックアップが完了すると、バックアップ日時とデータ容量が表示されます。

今回は390KBだったので(少なっ!)5秒くらいで終わりました。トーク履歴が多い人は数分かかるかもしれません。

あと、バックアップの容量が多い場合は、モバイル通信をOFFにしてWi-Fiに接続してからバックアップを取ってくださいね。じゃないと、通信料金が跳ね上がったり、通信制限がかけられてネットが使えなくなります。

 

iPhoneのLINEはバックアップが簡単

iPhoneのLINEバックアップ手順を以下にまとめます。

  1. Apple IDにサインイン
  2. iCloud DriveをON
  3. iOSを最新版にバージョンアップ
  4. LINEアプリを最新版にアップデート
  5. LINEアカウントにメールアドレス・パスワード登録
  6. トークデータをiCloudにバックアップ

長々と書きましたが、バックアップ自体はワンタップで終わります。定期的にバックアップを取っておきましょう。タイミングとしては、アプリやiOSのバージョンが変わるときがおすすめです。

バックアップデータの復元方法は、以下のページをご参照ください。

⇒ LINEのバックアップデータを完全に復元する方法

著者:yushiro yushiroの記事一覧
もうAndroidには戻れない。
最後までお読みいただき、ありがとうございます!
この記事が役に立った場合はSNSでのシェアをよろしくお願いします
 
この記事を読んだ方は、以下の記事も多く読まれています
関連記事

iPhone版LINEは画面共有できない!LINE LIVEで代用

iPhoneのLINE通話画面の操作方法!ボタン押すの禁止

LINEビデオ通話でエフェクトが使えない原因はiPhoneとの距離

iPhoneのLINEキャッシュの削除方法と削除後どうなるかも解説!!

iPhoneのLINEキャッシュの削除方法と削除後どうなるかも解説!!

iPhone版!LINEでブロックされた相手に連絡を取る方法

iPhoneでもできる!LINEスタンプのプレゼント方法

ピックアップ記事

最大1000人!Zoomの参加人数制限(無料と有料で違う)

iPhoneのアラームの音量だけを上げる(下げる)2つの方法!!

iPhoneのアラームの音量だけを上げる(下げる)2つの方法!!

iPhoneのアラーム音量が徐々に小さくなる原因と3つの解決策

Zoomで参加人数を表示・確認する方法(iPhone)

iPhone自動化!就寝中・会議中だけマナーモードにする方法

【iPhone】バックアップ復元後にLINEが落ちる原因は破損

【iPhone】LINEのブロックを解除しても元通りにはならない

iPhoneバックアップ!iCloudとiTunesの違いまとめ

Twitterでリツイートを非表示にする方法(iPhone)

iPhoneに勝手にアプリがインストールされる理由と対処法

【iPhone】iTunesカードでもLINEスタンプをプレゼントできた

iCloud保存のiPhone写真をダウンロードする方法