LINEアプリのインストール手順自体は簡単なんですけど、インストールができない・進まないケースがしばしばあります。主な原因としては通信障害や古いキャッシュなどが挙げられます。

今回はLINEアプリがインストールできない9つの原因と対処法を解説します。

1.Wi-Fiの電波が弱い

LINEアプリは容量が大きいので、iPhoneのモバイルデータ通信ではインストールができません。そのため、Wi-Fiに接続してインストールする必要があります。

ただし、Wi-FiはWi-Fiでも、公共のFree Wi-Fiだとインストールがなかなか進みません。

場所にもよりますが、Free Wi-Fiは利用者が多いので電波が弱いんです。アプリをインストールする際は、自宅のWi-Fiルーターか、モバイルWi-Fiを利用しましょう。

 

2.ネット接続の不具合

Wi-Fiルーターに接続してもインストールできない場合は、端末のネット接続に不具合がある可能性があります。

その場合は、機内モードを一度ONにしてからもう一度OFFにしてみてください。そうすることでネット接続がリフレッシュされて、繋がりやすくなります。

機内モードのON OFF切り替えは、ホーム画面で画面右上を下にスライドさせて、飛行機アイコンをタップしてください。

機内モードがONになると、飛行機アイコンがオレンジ色に点灯して、画面左上の電波マークが消えて飛行機マークが表示されます。

 

3.キャリア回線の不具合

モバイルWi-Fiに接続してインストールが進まない場合は、キャリア回線で通信障害が発生している可能性があります。

キャリア回線でトラブルがあると必ずと言っていいほどTwitterでつぶやかれます。というか、大抵の場合はキャリア名がトレンド入りします。

何かおかしいと思ったらTwitterをチェックしてみてください。

 

4.キャッシュの溜まりすぎ

通信状況・接続環境に不具合がない場合は、キャッシュが原因の可能性があります。

キャッシュとは?

キャッシュとは履歴や一時データのことです。キャッシュが保存されることで、一度見たページを再度開く時のページ表示速度が上がります。

ただし、キャッシュが溜まりすぎると動作が遅くなったり、アプリのインストールがなかなか進まない原因になります。

キャッシュの消し方

キャッシュを消す一番簡単な方法は、iPhoneを再起動することです。再起動方法はiPhoneのモデルによって異なります。


出典:Appleサポート

まずiPhoneX以降の場合は、右側面のサイドボタンと、音量調節ボタン(どちらか1つ)を同時に長押ししてください。すると画面上に「スライドで電源オフ」と表示されるので、スライドして電源を切ってください。

同様にサイドボタンとどちらかの音量調節ボタンを長押しすれば、再起動されます。

iPhone8以前の場合は、上のボタンを長押ししてください。すると「スライドで電源オフ」と表示されます。あとの手順はiPhoneXと同じです。

 

5.iOSのバージョンが古い

キャッシュを削除してもLINEアプリをインストールできない場合は、一度iOSのバージョンが最新版か確認してください。

AppStoreでLINEアプリのページを開いた時に、iOSが最新版なら、互換性の欄に「このiPhoneに対応」と表示されるはずです。

 

6.制限がかかっている

また、iPhoneの「コンテンツとプライバシーの制限」をONにしている場合もアプリをインストールできません。インストール時には制限を解除してください。

制限の解除方法を説明します。まず設定画面を開いて、「スクリーンタイム」をタップしてください。

「コンテンツとプライバシーの制限」を選択してください。

一番上の「コンテンツとプライバシーの制限」をオフにしてください。

 

7.タスクが多い

同時にたくさんのアプリを起動していると、動作が重くなってインストールできないことがあります。

インストール前に、一度他のアプリを閉じましょう。

 

8.ストレージ容量が足りない

「ストレージの空き領域がありません」と表示される場合は、容量が足りていません。ちなみにLINEアプリの容量は300MB近くあります。

ストレージの空き容量は設定画面から確認できます。「一般」を選択してください。

「iPhoneストレージ」をタップしてください。

すると空き容量とアプリごとの容量が表示されます。空き容量が足りない場合は、使っていないアプリを削除してしまいましょう。

しかし、こうして見るとゲームアプリの容量って半端ないですね。5GBって。

 

9.LINE側の不具合

最後にもう一つ。
LINEアプリ側の問題でインストールできない場合もあります。この場合はLINE運営側が対処してくれるのを待つしかありません。

時間を置いてもなかなか改善されない場合は、AppStoreからLINEアプリのページを開いて、インストールできない旨をレビューに書いて運営に伝えましょう。

アプリの入手ボタンを押せば、インストールが完結していなくてもレビューは書けます。

 

iPhoneにLINEをインストールできない原因まとめ

LINEをインストールできない主な原因は以下の9つです。

  • 電話が弱い
  • ネット接続状況の不具合
  • キャリア回線の不具合
  • キャッシュの溜まりすぎ
  • iOSのバージョンが古い
  • コンテンツとプライバシーの制限がかかっている
  • タスクが多い
  • ストレージ容量不足
  • LINE側のトラブル
著者:yushiro yushiroの記事一覧
もうAndroidには戻れない。
最後までお読みいただき、ありがとうございます!
この記事が役に立った場合はSNSでのシェアをよろしくお願いします
 
この記事を読んだ方は、以下の記事も多く読まれています
関連記事

特定の人のトーク画面だけLINEが落ちる原因は壁紙(iPhone)

古いiPhoneだとLINEビデオ通話でフィルターが使えない

iPhoneでもできる!LINEスタンプのプレゼント方法

アップデート後のLINEが落ちる原因はiPhone

iPhone版LINEは画面共有できない!LINE LIVEで代用

【iPhone】LINE着信音の変更方法!オリジナルは有料

ピックアップ記事

iPhoneのカメラにポートレートがない!原因は機種!

iPhoneでSafari使用中に横に出る履歴の消し方

【iPhone】LINEの通知音を完全に消す方法!個別設定も可!

iPhoneの画面が黄色い理由はTrue Tone以外にもあった!!(対処法3選)

iPhoneの画面が黄色い理由はTrue Tone以外にもあった!!(対処法3選)

【iPhone】アプリのアイコンを好きな画像に変更する方法

iPhoneのカメラが白く曇ってる!4つの原因と対処法

Zoomの時間制限解除!40分以上会議する4つの方法(iPhone)

【iphoneの修理が面倒くさい!】3つの理由と簡単に修理する方法

【iphoneの修理が面倒くさい!】3つの理由と簡単に修理する方法

電池の減りが早い?iPhoneのTrue Tone機能でバッテリーの減りを実験してみた

電池の減りが早い?iPhoneのTrue Tone機能でバッテリーの減りを実験してみた

iPhoneのトップヒット機能とは部分的に消す方法

iPhoneのトップヒット機能とは?部分的に消す方法

iPhoneでコントロールセンターのメニューを追加してカスタマイズする

iphoneをおやすみモードにする2つ設定方法と細かい使い方