Zoomミーティングではパスワードの設定が必須です。パスワードはランダムに変更することもできますし、繰り返し同じパスワードを使ってミーティングを開催することもできます。

また、参加者がミーティングに参加する時に「パスワード入力を必須にするかどうか」もホスト側で設定することができます。

というわけで、今回はZoomのミーティングパスワードの設定方法について解説します。

毎回ミーティングパスワードを変える方法

セキュリティ上の観点から言うと、ミーティングパスワードは毎回変えた方が良いです。というのも、パスワードって適当に入力して当たっちゃうことがあるんです。毎回同じパスワードを使っていると、一度「部外者」に侵入されると常習的に荒らされることになります。

なので、まずは毎回違うパスワードをランダムで設定してミーティングを開催する方法を解説します。

Zoomアプリを開いて、ホーム画面左上にある「新規ミーティング」をタップしてください。

すると以下のような画面になります。「個人ミーティングID(PMI)の使用」のスイッチをオフにしてから、下の「ミーティングの開始」をタップしてください。

するとランダムなミーティングIDとパスワードが自動生成されてミーティングが始まります。

パスワードを確認したい場合は、ミーティング中に上の「Zoom」をタップしてください。

するとミーティングID・ホスト名・パスワード・招待リンク・参加者IDが表示されます。

ミーティングするたびにパスワードが変わっていることが確認できるはずです。

 

毎回同じパスワードでミーティングを開催する方法

前述の通り、セキュリティ的にはミーティングパスワードは毎回変えた方が良いです。ただ、パスワードを毎回同じにした方が参加する方としては楽は楽ですよね。

友達同士のZoom飲みなど「セキュリティより利便性を重視するミーティング」を開催する場合は、同じパスワードを使い回した方が便利です。

毎回同じパスワードでミーティングを開催する方法は2つあります。

 

個人ミーティングID(PMI)を使う

1つ目は個人ミーティングIDでミーティングを開催する方法です。Zoomアカウントを持っている人には全員個人ミーティングIDが割り当てられていて、これを使うと毎回同じパスワードになります。

やり方は簡単です。Zoomアプリを開いて下の「ミーティング」タブを選択してください。すると個人ミーティングIDと、その下に「開始」ボタンが表示されます。

「開始」をタップすると、個人ミーティングIDと固定のパスワードでミーティングを開催できます。

ただ、この方法には1つ問題点があります。それは1種類のミーティングしか管理できないということです。複数のミーティングで個人ミーティングIDを使ってしまうと、「呼んでない人」が参加しちゃうケースがあります。

例えば「会社の飲み会」と「ゲームギルドの飲み会」を両方とも個人ミーティングIDを使って開催してしまうと、会社の飲み会にギルドメンバーが参加しちゃったり、ギルドの飲み会に会社の先輩が入ってきてしまうなんて事故が起こりうるんです。

 

「定期的なミーティング」を開催する

複数のミーティングをそれぞれ異なる固定のパスワードで開催したい場合は、「定期的なミーティング」を使いましょう。

やり方は簡単です。Zoomアプリホーム画面の「スケジュール」をタップしてください。

スケジュール画面に「繰り返し」という項目があるはずです。それをタップしてください。

すると以下のような画面になります。毎日・毎週・隔週・毎月・毎年のいずれかを選択してください。

最後に右上の「完了」をタップしてください。

これで「定期的なミーティング」をスケジューリングすることができました。「定期的なミーティング」は複数設定することができて、それぞれ異なる固定のID・パスワードを繰り返し使うことができます

例えば「ゲームギルド飲み会(毎週)」ではずっと「abcdef」というパスワードを繰り返し使って、「会社の飲み会(月1)」では「123456」というパスワードを繰り返し使えるみたいな感じです。

 

スポンサーリンク

パスワード無しでミーティングを開催する方法

「同じパスワードでも面倒くさい」
「パスワードなしにしたい」

と思う人もいるかも知れませんが、今のZoomではパスワード無しでミーティングを開催することはできません。

今のZoomミーティングはパスワード必須

以前のZoomは、パスワード無しでもミーティングを開催することができました。しかし今はセキュリティ上の理由からパスワードの設定が必須となっています。

Zoom.usの設定を見ても、パスワードを必須にするかどうかの設定は「管理者によりロック済み」となっていて変更できません。

 

パスワードなしで参加できるようにする方法

しかし、参加者がパスワードを入力しなくても参加できるようにする方法はあります。それは招待リンクにパスワードを含めるように設定するんです。

この設定はiOS版のZoomアプリ内では行えません。ウェブブラウザでZoomのホームページにアクセスして設定する必要があります。

→ https://zoom.us/

ホームページを開いたらまずはサインインしてください。

次に右上のタブをタップして、プルダウンメニューから「マイアカウント」を選択してください。

するとプロフィール画面が表示されます。上の「プロフィール」というボタンをタップして、プルダウンメニューから「設定」を選択してください。

すると以下のような設定画面になります。

下までスクロールして「ワンクリックで参加できるように、ミーティングリンクにパスワードを埋め込みます」という項目を探してください。見つけたらスイッチをオン(青色)にしましょう。

これで参加者は招待リンクをタップするだけでミーティングに参加できるようになります。

 

Zoomでパスワードを使い分けよう

今回の内容をまとめます。

  • 個人ミーティングIDの使用をオフにしてミーティングを開催すれば、毎回IDとパスワードがランダムで変わる
  • 個人ミーティングIDを使ってミーティングを開催すると、パスワードも固定になる
  • 「定期的なミーティング」をスケジュールすれば、複数のミーティングでそれぞれ異なる固定のパスワードを使い回せる
  • Zoom.usの設定で「ワンクリックで参加できるように、ミーティングリンクにパスワードを埋め込みます」をオンにすれば、参加者はパスワード入力無しで参加できる

セキュリティより利便性重視のZoom飲み会とかでは、同じパスワードを使い回した方が楽です。しかし、会社の会議や学校のオンライン授業を開催する場合は、パスワードを毎回変えましょう。



関連記事

Zoomにアプリなしで参加する方法(iPhoneは無理)

iPhone版!Zoomチャットの使い方と3つの注意点

【Zoomの使い方】ホストとして主催・招待する方法(iPhone版)

Zoomで参加人数を表示・確認する方法(iPhone)

Zoomにサインインできない原因はサインアップミス(iPhone版)

iPhone版!Zoomで外見を補正する方法(バレない)