• Twitterアプリでリンクをタップするとアプリ内ブラウザでページが開く
  • Twitterのアプリ内ブラウザ使いにくいから嫌だ
  • リンクをタップしたらSafariアプリでページが開くようにしたい

・・・とお悩みのあなた!その気持ちすごくよく分かりますよ。Twitter内でページが開いてしまうと、記事とツイートのどっちかしか見れないので不便ですよね。

でも安心してください。ちょっと一工夫すればTwitterアプリのリンクをSafariアプリで開くことができます。

というわけで今回は、Twitterアプリ内のリンクをSafariで開く方法を紹介します。アプリ内ブラウザを経由せずに直接Safariでリンクを開く方法もあるので、ぜひ最後までお読みください。

TwitterアプリのリンクをSafariで開く方法

iPhone版のTwitterアプリでは、記事などのリンクをタップするとTwitterのアプリ内ブラウザでリンクが開くようになっています。この仕様自体は変えることができません(今後Twitter社が変える可能性はあります)。

しかし、アプリ内ブラウザで開いたページをSafariで開く方法はあります。手順は以下のとおりです。

  1. 普通にリンクをタップしてアプリ内ブラウザでページを開く
  2. 右下のSafariアイコンをタップする
  3. Safariアプリが起動してリンクページが開く

 

【裏技】直接Safariで開く方法

アプリ内ブラウザを経由するのが鬱陶しい人は、直接Safariでリンクを開く方法もあります。やり方は以下の2つです。

リンクをコピペ

1つ目はすごく原始的な方法ですが、リンクのアドレスをコピーして、それをSafariブラウザに貼り付けて開く方法です。具体的な手順は以下のとおりです。

  1. Twitterアプリ内でリンクを長押しする
  2. 「リンクをコピー」をタップする
  3. Safariアプリを起動して、上の欄にリンクを貼り付けて開く

 

共有リンクから開く

2つ目は共有リンクから開くやり方です。具体的な手順は以下のとおりです。

  1. Twitterアプリ内でリンクを長押しする
  2. 「共有する」をタップする
  3. 「Safariで開く」を選択する

リンクをコピペするよりこっちの方がスムーズなので、個人的にはこっちの方がおすすめです。

 

まとめ

今回の内容をまとめます。

  • iPhone版のTwitterアプリは、リンクをタップするとアプリ内ブラウザでページが開く
  • アプリ内ブラウザの右下にあるアイコンをタップすればSafariでページが開く
  • リンクを長押ししてリンクをコピペするか、共有リンクのメニューから「Safariで開く」を選択すれば、アプリ内ブラウザを経由せずに直接Safariでリンクを開ける

Android版のTwitterアプリだと、設定で「アプリ内ブラウザを使用する」のチェックを外せばChromeでリンクを開けるようになります。しかし、今のところiPhone版だとその設定項目がありません。今後追加されることを祈るばかりです。



関連記事

Twitterを「アプリで開く」か「Safariで開く」か選ぶ方法(iPhone)

YouTubeの動画をTwitterで共有する方法(iPhone)

iPhoneでTwitterの夜間モードを使用する方法

iPhoneでTwitterの夜間モードを使用する方法

【iPhone】Twitterが英語になる原因と日本語に戻す方法

Twitterでブックマークを追加・閲覧・削除する方法(iPhone)

【鍵垢・DMも可】Twitterの動画をiPhoneに保存する方法