Zoomでもミーティング参加者を画面分割して表示することができます。ただ、iPhone版は最大4人までしか画面分割できません。

また、ミーティング設定参加人数によっては画面分割できないこともあるので注意が必要です。

今回はiPhone版Zoomの画面分割のやり方と注意点を解説します。

Zoomの画面分割のやり方

ミーティング中に画面分割したい場合は、画面を右から左へスワイプしてください。そうすると画面分割表示(ギャラリービュー)になります。

左上に自分が表示されて、他の参加者が続きます。上の画像では3人しか参加者がいないので右下が空いていますが、4人目がいる場合は右下に表示されます。

 

iPhoneは最大4分割

iPhone版Zoomアプリの画面分割は、一画面で最大4人(2×2)までしか表示されません。4人以上いる場合は、さらに右から左へスワイプすると5人目以降の参加者が4人ずつ画面分割表示されます。

ちなみに、iPad版のZoomでは最大9人まで画面分割できます。

そしてWindows版・Mac版のZoomでは、7×7=49人まで画面分割することができます。

 

スポンサーリンク

Zoomで画面分割できない原因

画面を右から左へスワイプしても画面分割表示(ギャラリービュー)にならない場合は、以下の2つの原因が考えられます。

参加者が3人未満

画面分割は参加者が3人以上いないと表示されません。だって2人なら通常のビデオ画面で事足りますからね。

非ビデオ参加者の表示がオフ

参加者が3人以上いるのに画面分割が表示されない場合は、ミーティング設定で「非ビデオ参加者の表示」がオフになっている可能性大です。

「非ビデオ参加者の表示」がオフになっていると、ビデオをオフにしている参加者が画面分割表示(ギャラリービュー)で表示されなくなります。

したがって、「非ビデオ参加者の表示」がオフで、なおかつビデオをオンにしている参加者がホストを含めて3人未満の場合は、画面分割が表示されないんです。

「非ビデオ参加者の表示」はミーティング中に設定することができません。設定を変更したい場合は、一度ミーティングを終了してZoomアプリのホーム画面に戻ってください。

そして下部メニューの設定(歯車アイコン)をタップして、「ミーティング」を選択してください。

するとミーティング設定画面になります。「非ビデオ参加者の表示」の右にあるスイッチをタップしてオン(緑色)にしてください。

これで参加者が3人以上いれば画面分割できるようになりました。

 

iPhone版の画面分割は不便

今回の内容をまとめます。

  • iPhone版Zoomは、画面を右から左へスワイプすると画面分割表示になる
  • iPhone版は1画面4人までしか表示されない
  • 参加者が3人以上いないと画面分割できない
  • 「非ビデオ参加者の表示」がオフになっていて、ビデオをオンにしている参加者が3人未満の場合も画面分割できない

iPhoneは画面が小さいので、PCやiPadと比べると画面分割で表示できる人数が限られます。一度にたくさんの人を表示したい場合はPC版をご利用ください。



関連記事

【iPhone】Zoomをサインインせずに使う方法

【Zoom】iPhoneでは複数人同時の画面共有は無理

iPhoneでZoom会議を録画する方法(音声も録音可)

【iPhone版】Zoomのセキュリティリスク&対策5選

【Zoom】バーチャル背景で自分の姿が消える場合の対処法(iPhone)

【iPhone版】Zoomで動画を共有できない場合の対処法