iCloudバックアップは基本的に上書き保存です。しかし、最大3世代分のバックアップを保存できるため、誤ってバックアップしてしまっても、古いバックアップから復元可能です。

また、複数のiPhone・iPadを同じアカウントのiCloudにバックアップしている場合、デバイスごとに分けてバックアップが作成されます。そのため、他のデバイスのバックアップに上書きされる心配はありません。

というわけで、今回はiCloudバックアップの仕組みについて解説します。

iCloudバックアップは上書き保存

誤解している人が結構いるのですが、iCloudバックアップは「追加保存」ではなく「上書き保存」です。

 

昔のバックアップは追加保存だった

今みたいに自動バックアップ機能がなかった時代は、みんな手動で外付けハードディスクなどにデータを移してバックアップを取っていたと思います。僕もそうでした。

繰り返しバックアップを取る際は、以前バックアップしたデータはそのままに、新しいデータのみを追加で保存するのが普通でした。その方が作業が早く終わりますからね。

そのため、手動バックアップ世代の人間は「バックアップ=追加保存」みたいなイメージを持っている人が多いと思います。

 

iCloudバックアップが上書き保存である理由

しかしiCloudのバックアップ機能は上書き保存です。なぜ追加保存ではなく上書き保存なのかを考えるに、恐らく上書き保存の方がシステム上シンプルだからだと思います。

「追加保存の方が簡単じゃん」
「毎回全てのデータを上書き保存してたら時間かかるでしょ?」

と思うかもしれませんが、それは人間の感覚です。システム的に考えると、追加保存の方がむしろやることが多くて大変なんですよね。追加保存の作業フローを簡単にまとめると以下のようになります。

  1. iPhoneデータを読み込む
  2. iCloud上の過去のバックアップデータを読み込む
  3. iPhoneにあってiCloudにはないデータのみを検索して追加保存

読み込んだり検索したり、とにかくやることが多いので、理に時間がかかりますし、バグやエラーも発生しやすくなります

その点、上書き保存は特に読み込みや・検索の必要がありません。単純にその時点のiPhoneの全データをiCloudにコピーするだけです。シンプルなので、すぐにバックアップが終わりますし、バグも発生しにくいです。

PointiCloudバックアップは上書き保存

 

間違えてバックアップを上書きした場合

さて、上書き保存となると、心配になってくるのは「間違ってバックアップしてしまった際、以前のバックアップが上書きされて消えてしまわないか」だと思います。

例えばiPhoneを初期化して復元するつもりだったのに、誤って初期化したiPhoneをiCloudにバックアップしてしまったなんてのはよくある話です(僕だけ?)。

でも安心してください。iCloudバックアップは確かに「上書き保存」ですが、実は「名前を付けて保存」もしています。

 

iCloudは3世代保存

iCloudには最新のバックアップが3世代分保存されます。

例えば1月1日~5日、5日連続で午前0時に1回ずつバックアップを取ったとします。すると、iCloud上のデータは以下のようになります。

日時 iCloud内データ
1月1日 1月1日分
1月2日 1月2日分
1月1日分
1月3日 1月3日分
1月2日分
1月1日分
1月4日 1月4日分
1月3日分
1月2日分

※1月1日分削除

1月5日 1月5日分
1月4日分
1月3日分

※1月2日分削除

3日まではバックアップが名前をつけて保存されますが、4日以降は、一番古いバックアップデータが最新版に上書きされて自動削除されています。

PointiCloudバックアップは3世代保存される

 

2回までなら間違ってバックアップしても平気

iPhoneの設定アプリでは最新のバックアップ日時しか表示されませんが、復元時はきちんと3世代分のバックアップデータが表示されます。

なので、間違ってバックアップしてしまっても、2つ前までのバックアップなら復元することが可能です。

 

スポンサーリンク

複数のiOS端末でバックアップしている場合

同じAppleIDで複数のiPhone・iPadを利用している場合、各端末のバックアップデータは、全て同じアカウントのiCloudストレージに保存されます。

 

端末ごとにバックアップは分けられる

しかし、同じAppleIDでも端末は区別されます。バックアップは端末ごとに別に作成されるため、他の端末のバックアップデータに上書きされる心配はありません。

例えばiPhoneAでバックアップを取った後、iPhoneBのバックアップを取ったとしても、iPhoneAのバックアップデータがiPhoneBに上書きされて消えることはないということです。

同じAppleIDで複数の端末のバックアップを取っている場合、設定アプリでiCloudストレージを確認すると、以下のように端末ごとにバックアップが分けて表示されます。


出典:タカブロ

Point同じAppleIDでも端末は区別される

 

iCloudの容量に注意

ただし、同じアカウントで複数の端末をバックアップしていると、iCloudストレージの容量がすぐ不足するので注意が必要です。

ちなみに、無料で利用できる容量は5GBしかありません。iCloudストレージはアップグレードすることもできますが、お金がかかります。

使わなくなった古いiPhone・iPadのバックアップはすぐに削除して、容量を節約しましょう。

 

iPhoneごとにAppleIDを分けた方が良い

今回の内容をまとめると

  • iCloudバックアップは上書き保存
  • 最新3世代分のバックアップを保存可能
  • 同じAppleIDで複数の端末のバックアップを取った場合、端末別にバックアップが分けて作成される

同じAppleIDでも端末は区別されるため、他の端末のバックアップに上書きされる心配はありません。

しかし、複数の端末を1つのiCloudストレージにバックアップしていると、すぐに容量不足になります。

そのため、複数のiPhone・iPadを使用する際は、AppleIDを分けることをおすすめします。デバイスの初期設定時に「無料のAppleIDを作成」をタップすれば、IDを分けることができます。


出典:Appleサポート

 

 



関連記事

iPhoneの写真がiCloudにアップロードされない5つの原因と対処法

iPhoneをiCloudにバックアップできない原因4選

iCloud容量があるのにバックアップできない原因と対策

写真を消さずにiCloud写真をオフにする方法(iPhone)

iCloudのメールアドレスを削除する方法(iPhone)

iCloudバックアップを削除してもiPhoneデータは消えない