iCloudメールアドレス(~@icloud.com)は、iPhoneの設定アプリから簡単に確認できます。

しかし、コンテンツとプライバシーの制限がかかっていると、メールアドレスを見ることができません。まず制限を解除する必要があります。

今回はiPhoneでiCloudメールアドレスを確認する方法と、確認できない場合の対処法を紹介します。

iCloudメールアドレスを確認する方法

iCloudメールアドレスをAppleIDにしている場合そうでない場合とで、メールアドレスの確認方法が異なります。

 

iCloudメールアドレスがAppleIDの場合

設定アプリを開いて、一番上のユーザー名をタップしてください。

するとAppleIDが表示されます。上に表示されている「~@icloud.com」があなたのiCloudメールアドレスです。

 

iCloudメールアドレスがAppleIDではない場合

キャリアのメールアドレス(~@i.softbank.jp、~@docomo.ne.jp、@ezweb.ne.jp)など、iCloudメール以外のアドレスをAppleIDとしている場合は、設定アプリを開いて「パスワードとアカウント」をタップしてください。

すると登録しているメールアカウントが全て表示されます。その中からiCloudを選択すれば、iCloudのメールアドレスを確認できます。

 

iCloudメールアドレスを確認できない場合の対処法

設定の一番上にあるAppleIDをタップしても反応がない

「パスワードとアカウント」を開いても、表示が薄くなっていてタップできない

…などの理由でiCloudメールアドレスを確認できない場合は、「コンテンツとプライバシーの制限」がかかっています。上記の確認方法を試す前に、まずは制限を解除する必要があります。

制限を解除するには、設定アプリから「スクリーンタイム」を選択してください。

次に「コンテンツとプライバシーの制限」をタップしてください。

コンテンツとプライバシーの制限の下の方に「アカウント変更」という項目があります。

ここが「許可しない」になっていると、iCloudメールアドレスを含めたあらゆるアカウント情報を閲覧・変更することができなくなってしまいます。タップして「許可」に変更してください。

もし他に制限をかけていないのであれば、「コンテンツとプライバシーの制限」自体をオフにしてしまうのもありです。

制限を解除したら、もう一度前述した確認方法を試してみてください。今度は問題なくiCloudメールアドレスを確認できるはずです。

 

スポンサーリンク

コンテンツとプライバシーの制限はほどほどに

iCloudメールアドレスの確認方法をまとめます。

  • AppleIDにしている場合は、設定アプリの一番上のユーザー名をタップ
  • AppleIDが他のメールアドレスの場合は、設定アプリの「パスワードとアカウント」からiCloudを選択
  • ただし「コンテンツとプライバシーの制限」で「アカウント変更」を「許可しない」に設定しているとメールアドレスを確認できない

子供にiPhoneを持たせる場合は、「コンテンツとプライバシーの制限」を使えば簡単に使用制限をかけることができて、凄く便利だと思います。

しかし、自分で使う場合は邪魔でしかありません。デフォルトでは「コンテンツとプライバシーの制限」はオフになっているはずです。もし制限をオフにしてしまった人は、この機会にオフにしておくことをおすすめします。



関連記事

iCloudバックアップは上書き保存だが上書きされない(iPhone)

iPhoneの写真がiCloudにバックアップされない原因と対処法

【iCloud写真】オリジナルをダウンロードできてるか確認する方法(iPhone)

iCloudのメールアドレスを削除する方法(iPhone)

iPhoneの写真をiCloudに保存する3つの方法

iPhoneバックアップ!iCloudとiTunesの違いまとめ