iPhoneからiCloudメールアドレスを削除したい場合は、サインアウトすればOKです。ただ、この方法だとiCloudにはメールアカウントが残るため、完全に削除することはできません。

iCloudメールアカウントを完全に削除したい場合は、AppleIDごと削除する必要があります。ただし、AppleIDごと削除すると今までに購入したアプリや音楽なども全て消えてしまうというリスクがあります。

そこで今回は、iCloudメールアドレスを削除する方法と、削除する前にやっておくべきことを解説します。

関連記事

iCloud.comのメールアドレスだけ削除できない?

ネットで調べると「~@iCloud.comのメールアドレスは削除できない」と書いてあるサイトが多いです。確かにiCloudメールアドレスだけを削除することはできません。

設定アプリのAppleIDの画面から削除を試みても、以下のようなメッセージが表示されます。

「なんで削除できないの?」
と思うかもしれませんが、「そういう仕様なので仕方がない」としか言いようがありません。多分Appleのスタッフさんに聞いても「そういう仕様なので仕方がない」って言うと思います。

 

iPhoneから削除するだけなら簡単

しかし、iCloudメールアドレスをiPhoneから削除するだけなら簡単です。AppleIDからサインアウトすればいいんです。iCloudメールアドレス自体は消えませんが、iPhoneからは消えます。

「迷惑メールが多くて困ってる」
「iCloudメール使わないから邪魔」
という人は、サインアウトすればもうiCloudメール宛のメールがiPhoneに届くことはなくなります。

 

AppleIDごと削除すればメールアドレスも消える

iCloudメールアカウント自体を完全に削除したい場合は、もうAppleIDごと削除するしかありません。AppleIDを削除すれば、AppleIDに紐付けられているiCloudメールのアカウント情報もすべて削除されます。

フィッシングサイトにiCloudメールアドレスを登録してしまったなどの場合は、こちらの方法がおすすめです。

 

iCloudメールアドレスを削除する前にやっておくべきこと

ただし、AppleIDを削除してしまうと、iCloudメールアドレスだけでなく、AppleIDと紐付けられている他のデータまで全て消えてしまいます。サインアウトした場合はもう一度サインインし直せばデータは復活しますが、そうなるとメールアドレスも復活してしまいます。

そのため、メールアドレスを削除する前にデータをバックアップしておく必要があります。

 

iCloudバックアップは意味無し

iPhoneのバックアップと言うと「iCloudバックアップ」を思い浮かべる人が多いと思いますが、AppleIDを削除する場合はiCloudバックアップをしても無意味です。なぜなら、iCloudバックアップはAppleIDと紐付けられているからです。

iCloudバックアップを復元するには同じAppleIDでサインインする必要があります。そしたらiCloudメールアドレスが元に戻ります。AppleIDごと削除した場合は、そもそも復元することができません。

 

PCにデータをバックアップ

なので手動でPCにバックアップを取りましょう。iPhone本体に保存されている写真やビデオは、USBケーブルでPCに接続して手動でバックアップを取りましょう。

iCloudに保存されているデータに関しては、ウェブブラウザでiCloud.comにアクセスして、データをPCにダウンロードしてください。

 

アプリや音楽は無理

ただし、AppStoreで購入したアプリやコンテンツはバックアップできません。なのでAppleIDを削除する場合は、これらのデータを諦める必要があります。

 

@iCloud.comのメールアドレスを削除する方法

データのバックアップが終わったら、早速iCloudメールアドレスを削除していきましょう。

iPhoneからiCloudメールアドレスを削除する方法

まずiPhoneから削除する方法を解説します。設定アプリを開いて、一番上のAppleIDをタップしてください。

AppleIDの画面を開いたら、一番下の「サインアウト」をタップしてください。するとAppleIDのパスワードの入力を求められるので、入力して「オフにする」を選択してください。

これでiPhoneからiCloudメールアドレスが消えました。

 

AppleIDごと完全削除する方法

次に、iCloudメールアドレスをAppleIDごと完全に削除する方法を説明します。AppleIDを削除する前に、そのAppleIDを使用している全ての端末でサインアウトしておいてください。

まずSafariブラウザを立ち上げて、以下のAppleIDのページにアクセスしてください。

https://appleid.apple.com/

するとサインイン画面が表示されます。削除したいAppleIDでサインインしてください。

サインインするとAppleIDのトップ画面になります。「データとプライバイシー」をタップしてください。

削除したいAppleIDでサインイン
削除したいAppleIDでサインイン
「データとプライバイシー」をタップ
「データとプライバイシー」をタップ

次に「データとプライバシーの管理」をタップしてください。

すると新しいタブで「privacy.apple.com」が開きます。もう一度削除したいAppleIDでサインインしてください。

「データとプライバシーの管理」をタップ
「データとプライバシーの管理」をタップ
削除したいAppleIDでサインイン
削除したいAppleIDでサインイン

そして下の方にある「アカウントを削除をリクエスト」をタップしてください。

すると、アカウントを削除するとどうなるのか、そのリスクについての説明文が長々と表示されます。

一通り目を通したら、一番下の「理由を選択」で削除する理由を選んで「先に進む」を選択してください。

「アカウントを削除をリクエスト」をタップ
「アカウントを削除をリクエスト」をタップ
「先に進む」を選択
「先に進む」を選択

あとは画面の指示通りに進めていけばAppleID(iCloudメールアドレス)を完全に削除できます。完全削除したAppleIDは復元できないので注意してください。

メールアドレス削除は最終手段

繰り返しになりますが、iCloudメールアドレスだけを削除することはできません。

削除するならAppleIDもろともです。そしてAppleIDごと削除した場合、iCloudメールアドレス以外のデータも消えてしまいます。

フィッシングサイトにメールアドレスを登録してしまったなど、どうしても削除しなければいけない事情がある場合は仕方がありませんが、そうでないならiCloudメールアドレスは削除しない方がいいと思います。

「自分の本名でアドレスを作ってしまった」
「適当に決めたアドレスだから、人に見られるのが恥ずかしい」

などの場合は、メールアドレスを削除する必要はありません。

iCloudのメールエイリアスを作成して、メールアドレスを変更してしまえばいいんです。ただし、メールアドレスの変更にはPCが必要です。

⇒ iCloudメールアドレスを変更する方法(iPhoneではできない)

著者:yushiro yushiroの記事一覧
もうAndroidには戻れない。
最後までお読みいただき、ありがとうございます!
この記事が役に立った場合はSNSでのシェアをよろしくお願いします
 
この記事を読んだ方は、以下の記事も多く読まれています
関連記事

メールの差出人アドレスをiCloud.comから変更する方法(iPhone)

iCloudバックアップからiPhoneを復元できない原因と対処法

iCloudの写真とフォトライブラリ(バックアップ)の違い【iPhone】

iPhoneバックアップ!iCloudとiTunesの違いまとめ

iCloudバックアップを削除してもiPhoneデータは消えない

【iCloud写真】オリジナルをダウンロードできてるか確認する方法(iPhone)

ピックアップ記事

iPhoneの充電が遅い原因&充電速度を2倍にする方法

容量節約!iPhoneカメラの画素数を下げる方法3選

iPhoneのケーブルがすぐ抜ける3つの原因と対処法

iPhoneでLINE通話を録音する方法!アプリは録音不可

【簡単】iPhoneの位置情報を設定(オンとオフに)する方法!

iPhoneのケーブルを無償交換する方法(保証期間外でも裏技あり)

iPhoneにLINEをインストールできない原因9選&対処法

iPhoneのアラームが鳴らない原因9選と対処法

【iPhone】LINEのブロックを解除しても元通りにはならない

【iPhoneカメラ】明るさを調整・変更・固定する方法

動かないiPhoneを強制的に初期化する方法

TwitterのYouTubeリンクをYouTubeアプリで開く方法(iPhone)