• iPhoneのフラッシュライトが強すぎる
  • iPhoneをアップデートしたらライトの明るさが上がった気がする?気のせいかな?
  • iPhoneXRからiPhone11Proに変えたら、ライトのが暗くなった気がする。XRみたいな明るさにならない?

・・・とお悩みのあなた!
実はiPhoneのライトの明るさは自分で調整することができます。というわけで、今回はiPhoneのライトの明るさの調整方法と、調整できない場合の対処法を紹介します。

iPhoneのライトのつけ方

まず最初に、ライトのつけ方を説明します。

iPhoneでライトをつけるには、コントロールセンターを表示させてください。コントロールセンターを出す方法は機種によって異なります。iPhone8以前のホームボタンがある機種では、ホーム画面で下から上に画面をスワイプしてください。iPhoneX以降の端末では、ホーム画面で右上から下方向に画面をスワイプしてください。

そうすれば、以下のようにコントロールセンターが表示されるはずです。左下の方にある懐中電灯のボタンがライトのボタンなので、そこをタップするだけでライトをオンにできます。

iPhoneX以降の端末では、ロック画面でもライトをつけることができます。ロック画面左下にライトのボタンがあるので、そこを強く押し込めばライトのオン/オフを切り替えることができます。

ただし、このロック画面にあるボタンは3Dタッチなので、普通にタップしたり長押しするだけじゃ反応しません。強く押し込んでください。

 

iPhoneのライトの明るさを変える方法

さて、ここからが本題です。iPhoneのライトの明るさを調整する手順は以下のとおりです。

  1. 画面右上を下にスワイプしてコントロールセンターを表示させる
  2. 懐中電灯ボタンを長押する
  3. スライダが表示されるので、それで明るさを調整する

ライトの明るさは4段階で調整できます。iPhoneのライトの明るさの数値は公表されていませんが、一番明るくすると40ルーメンくらいになります(機種によって微妙に異なります)。

スライダが表示されない場合は、iPhoneのソフトウェアが古いです。ライトの明るさを調節できるのはiOS11以降となります。iOSをしばらくアップデートしていない人はこの機会にアップデートしてみてください。手順は以下のとおりです。

  1. 設定アプリを開く
  2. 「一般」をタップする
  3. 「ソフトウェア・アップデート」をタップする
  4. 「ダウンロードしてインストール」をタップする
  5. ダウンロードが完了したら、「今すぐインストール」をタップする

 

明るさを細かく調整できるアプリ

明るさをもっと細かく調整したいという人は、AppStoreでサードパーティ製のアプリをインストールしましょう。おすすめは「懐中電灯。」と「フラッシュライトΩ」です。

ただし、これらのアプリで明るさを調整する場合、その調整が反映されるアプリ起動中のみです。バックグラウンドに移行するとライトが消えてしまいます。また、サードパーティ製のアプリを使うと、普通にライトを使ってるときよりバッテリーの消費が激しくなります。注意してください。

 

明るさを調整できない場合

今回紹介した方法でライトの明るさを調整できない場合は、iPhoneに何かしらの不具合がある可能性があります。

一時的な不具合であれば、iPhoneを再起動すれば解決するので、まずは一度再起動してみてください。再起動のやり方は機種によって微妙に異なります。


出典:Appleサポート

【iPhoneX以降】

  1. サイドボタンとボリュームボタン(↑↓の片方だけ)を同時に長押し
  2. 「スライドで電源オフ」と表示されたらスライドして電源を切る
  3. 少し時間を置く(5秒ほど)
  4. サイドボタンを長押しして再起動

【iPhone8以前】

  1. サイドボタンを長押し
  2. 「スライドで電源オフ」と表示されたらスライドして電源を切る
  3. 少し時間を置く(5秒ほど)
  4. もう一度サイドボタンを長押しして再起動

【iPhone5以前】

  1. 上部の電源ボタンを長押し
  2. 「スライドで電源オフ」と表示されたらスライドして電源を切る
  3. 少し時間を置く(5秒ほど)
  4. もう一度上部の電源ボタンを長押しして再起動

再起動のやり方は以下の記事で詳しく解説しているので、気になる方はどうぞ↓

 

ライトがつかない場合

ここまでの内容をまとめます。

  • iPhoneはコントロールセンターからライトの明るさを4段階で調整できる
  • 明るさを調節できるのはiOS11以降
  • もっと細かく明るさを調節できるアプリもあるが、調節はアプリ起動中のみしか反映されずバッテリー消費も激しい
  • 明るさを調整できない場合はiPhoneを再起動

明るさを調節できないどころか、そもそもライトがつかなくないという場合は、以下の記事をチェックしてみてください。

著者:yushiro yushiroの記事一覧
もうAndroidには戻れない。
最後までお読みいただき、ありがとうございます!
この記事が役に立った場合はSNSでのシェアをよろしくお願いします
 
この記事を読んだ方は、以下の記事も多く読まれています
関連記事

iPhoneのライトが勝手につく3つの理由と解決策

iPhoneのライトの色の変え方(サイリュームとしても使える)

iPhoneのライトがつかない・使えない5つの原因と対策

ピックアップ記事

iphoneのベッドタイムの設定と解除方法をまとめてみた

iPhoneカメラのタイマー設定!連写せずに撮影する方法

【見やすい】iPhoneの「カレンダー」機能でイベントを色分けする

【無音で撮影】iPhoneカメラのシャッター音の消し方3選

【iPhone】LINEの通話音量が小さい・大きい時の調節法

容量節約!iPhoneカメラの画素数を下げる方法3選

iPhoneXでLINE通話のショートカットを作成する方法3選

iPhoneではiCloudメールアドレスを変更できない

iPhoneでイヤホンを差しても本体から音が出る理由と対策を解説!!

iPhoneでイヤホンを差しても本体から音が出る理由と対策を解説!!

iPhoneでコントロールセンターが出ない時の5つの原因と対処法

iPhoneの明るさを自動調整するとバッテリーの消費は抑えられるか?

iPhoneの明るさを自動調整するとバッテリーの消費は抑えられるか?

【iPhone】アプリのアイコンを好きな画像に変更する方法