これを読んでいるあなたは、iPhoneのリーディングリストについて、ある程度知っていて日頃から活用している方だと思います。

iPhoneのリーディングリストは、オフラインで見れる上に、便利で使い勝手が良いツールです。

僕も保存しておきたい記事とかは、リーディングリストに入れて読み返したりします。

 

しかし、ある日突然その「リーディングリストが消えてしまった!」なんてことも…。

そこで今回は、「iPhoneのリーディングリストが消える理由」とその「復元方法」について、説明していきます!

 

スポンサーリンク

関連記事

 

iPhoneのリーディングリストが消える理由

実のところiPhoneのリーディングリストが消える理由は、不具合や同期が上手くいってない事が多いです。

ですので、同期や不具合を改善すれば、リーディングリストが復元される可能性がある、ということです。

今回紹介する3つの方法を試すことで、大抵の場合は解決します。

 

それでは、順番に復元方法を見ていきましょう!

iPhoneのリーディングリストを復元する3つの方法

リーディングリストの復元する方法は、以下の3つがあります。

  1. Safariの再起動
  2. iPhoneの再起動
  3. iCloudのSafariの設定を再同期する

では、それぞれ詳しく見ていきましょう!

Safariの再起動

Safariを再起動することによって、iPhoneのリーディングリストが復元することがあります。

 

Safariの再起動の方法については簡単です。

まずiPhoneの下の部分から上へタッチしたまま動かして(スワイプして)「バックグラウンドアプリの一覧」を起動します。

 

バックグラウンドアプリの起動

 

 

次にSafariのアプリを上へスワイプしてオフにします。

 

最後にiPhoneのホーム画面に戻り、Safariのアプリを再び選択して再起動します。

これでSafariの再起動については終わりです。

 

↓一連の動作について、gifで再生して閲覧できます↓

 

Safariの再起動方法まとめ

  • 「バックグラウンドアプリ一覧」を起動。
  • Safariのアプリを上へスワイプしてオフにする
  • Safariのアプリを再び選択して再起動する

iPhoneの再起動

iPhoneを再起動することでも、リーディングリストの復元に繋がる場合があります。

 

iPhoneの電源OFFの方法

 

iPhone Ⅹ、iPhone 11 の再起動の方法まとめ

  • [音量調節ボタン][サイドボタン]を同時長押し
  • [スライドで電源オフ]をスライドする
  • 完全に電源が切れるまで待つ(約30秒)
  • [サイドボタン]を長押しする(Appleのロゴが出たらOK)

iPhone6、iPhone7、iPhone8の再起動方法まとめ

  • [電源ボタン]を長押し
  • [スライドで電源オフ]をスライドする
  • 完全に電源が切れるまで待つ(約30秒)
  • 再び[電源ボタン]を長押しする(Appleのロゴが出たらOK)

 

iPhoneの再起動について、詳しくは以下の記事を御覧ください。

iCloudのSafariの設定を再同期する

iPhoneのリーディングリストは、もしかするとiCloudが原因でなっている場合があります。

実際、過去にiCloudにあるSafariの同期が上手くいかずにリーディングリストが消える不具合がありました。

ですので、この設定を見直すだけでも、消えたリーディングリストが復活する可能性があります。

 

まず[設定]のアプリをタップした後、一番上にある[名前の部分]をタップします。

設定をタップするiCloudのSafariの設定を再同期する (1)

 

 

次に[iCloud]をタップします。

iCloudのSafariの設定を再同期する (2)

 

 

[Safari]をオフにします。

 

オフにすると設定で、現在iPhoneに入っているiCloudからのデータをどうするか?聞かれます。

この設定はどちらでも構わないのですが、念のためiPhoneに入っているデータをなるべく残しておきたいので、今回は[iPhoneに残す]をタップします。

 

iCloudのSafariの設定を再同期する (3) iCloudのSafariの設定を再同期する (4)

 

 

再び[Safari]をオンにします。

現在Safariにあるデータをどうするか聞かれますので[結合]をタップして選択します。

 

iCloudのSafariの設定を再同期する (5) iCloudのSafariの設定を再同期する (6)

 

以上で、iCloudのSafariの設定を再同期する方法が完了です。

iCloudのSafariの設定を再同期する方法まとめ

  • [設定]をタップ
  • 一番上にある[名前の部分]をタップ
  • [iCloud]をタップ
  • [Safari]をオフにする
  • [iPhoneに残す]をタップ
  • 再び[Safari]をオンにする
  • [結合]をタップして選択。

 

 

スポンサーリンク

iPhoneの復元

最後に、どうしてもリーディングリストが戻ってこない場合は、iPhoneの復元で復活する可能性があります。

 

ただし、この方法はある程度iPhoneを使用していた場合には、復元地点までさかのぼってその当時と同じデータにするため、復元日時以降に得たデータも消えてしまいます。

ですので、この方法は僕自身はあまりオススメしません。

 

とはいえ、どうしても戻らないリーディングリストの場合は、iPhoneを復元する方法を試してみてください。

また、もしiPhoneを復元すると決断した場合でも、現在のデータをしっかりと回収するために、先に現在のデータをiTunesにバックアップしてから行うことをオススメします。

 

 

まとめ

今回はiPhoneのリーディングリストが消える理由と、3つの復元する方法について、説明しました。

一つひとつの動作はそこまで難しくないものばかりなので(最後のバックアップ以外)、確かめながら行って頂ければいいかなと思います。

この記事の内容によって、あなたのリーディングリストが復元される手助けになれば幸いです。

それでは!



関連記事

関連記事はありませんでした。