スポンサーリンク

異なる環境光の下でも画面を同じ明るさに保つ機能として「True Tone」という機能が追加されました。

 

iPhoneを長時間使用する方にとって、画面が一定ということは、それだけ目の自動調節機能を使用せずにiPhoneがやってくれるため、疲れ目対策にもなるということです。

 

しかしこの「True Tone」の機能。

オンにしていることで環境光を察知するセンサーが作動して電力消費が多くなるため

  • バッテリーの減りが激しい

との噂があるようです。

 

人によっては極力電力消費を減らしたいため、それを目にして使用しない方も多いのではないでしょうか?

しかし本当にiPhoneのTrue Tone機能でバッテリーの減りが激しくなるのか?

実際に「iPhoneのTrue Tone機能をオンにしていることで、消費電力が多くなるのか」を実験しつつ個人的に内容をまとめてみました!

 

スポンサーリンク

iPhoneのTrue Tone機能で消費電力は変わるのか?

 

実験内容

今回使用した機種:iPhone XS

100%充電しきった状態から1時間ほど画面をつけっぱなしにしてみて、通常時の状態とTrue Tone機能をオンにした状態。

どのくらいiPhoneのバッテリーが減るのか?パーセンテージで確認してみた。

 

実験結果

画面が通常時の場合(100%→94%)

画面が通常時の場合(100%→94%)

 

True Tone機能をオンにした状態の場合(100%→94%)

 

 

今回実験したところ、ほぼ差は出ないという結果になりました。

 

バッテリーの減りが早い機種とそうでない機種がある

Night Shift機能のところでも説明しましたが、バッテリーの液晶ディスプレイよりも有機ELディスプレイの方が、光の強弱で色合いを変更しているため、色合いによってはバッテリーの減りが早い可能性があります。

詳しくは『バッテリーの減りが早い?iPhoneのNight Shift機能で消費電力が変わるか実験してみた』を参照して下さい。

とはいえNight Shift機能の際にもあまり変化が無かったため、こちらは誤差の範囲内だと思います。

 

スポンサーリンク

センサーをもっと使用していたら減りが早くなるかも?

今回の実験では、異なる環境光での実験はしていないため、センサーが作動していない可能性が高いです。

もともとTrue Tone機能のセンサーを作動するからこそ、消費電力が多くなって早くバッテリーが無くなるという理由だったので、今回の実験だけでは不十分かと。

 

一応実験を行った時間帯が冬の16時~17時くらいと、日没の時間帯にはしてみました。

もしもう一度実験するのであれば、異なった環境光を2つ用意して、それぞれ一定の時間帯で変えて照らしてみて、消費電力が多くなるか調べるかなあ。

・・・多分面倒くさくなってやらないと思う

 

というわけで、まとめ

今回の実験結果では、iPhoneのTrue Tone機能を使っても、消費電力はそれほど変わりませんでした。

 

おそらくですが、センサーをもっと使用していたら分からないので、実験としては不十分かなあとは思います。

ですが環境光が1時間に数十回とか変わらない限りは、True Toneの機能も作動しないため、バッテリーが早く減るということは無いと思います。

 

省電効果にしては、かなり薄いと思ってみたほうが良いでしょう。

もし気にしている方は、画面の明るさや別の方法を確認してみてください!

 

では、今日はこの辺で!