• iPhoneで撮った写真やビデオが見つからない
  • PCに写真を移したいんだけど、どのフォルダにあるの?
  • 写真の保存先を変更する方法はないの?

・・・と悩んでいるそこのあなた!
iPhoneで撮った写真やビデオがどこに保存されているかは、設定方法によって異なります。場合によってはiPhone本体には保存されていないこともありますよ。

というわけで、今回はiPhoneで撮った写真・ビデオの保存先と、保存先の変更方法について解説します。

iPhoneで撮った写真の保存先

iPhoneのカメラアプリで撮影した写真は、デフォルトの設定ではiPhone本体のストレージに保存されるようになっています。

 

iPhoneに保存された写真の閲覧方法

iPhoneストレージに保存された写真・ビデオは、写真アプリで閲覧・編集することができます。

これはサードパーティ製のカメラアプリで撮った写真も同様です。例えばSODAとかBeautyPlusなどの自撮り加工アプリで撮った写真も、本体ストレージに保存され、写真アプリ内で確認することができます。

写真アプリでは、カメラアプリごとにアルバムが作成されているので簡単に写真やビデオを見つけることができます。

まぁ、ここまでは分かると思います。

 

PCに写真を移したいけど保存先が分からない

写真の保存先がわからなくなるのは、iPhoneで撮った写真をPCにコピーするときだと思います。僕も初めてUSBケーブルでiPhoneとPCを接続した時「写真とビデオってどのフォルダに保存されてるの?」ってなりました。

答えから言うと写真やビデオは「100APPLE」というフォルダに保存されてます。「100APPLE」の場所を以下に示します。

Internal Storage
→ DCIM
→ 100APPLE

人によっては「100APPLE」の他に「101APPLE」など複数フォルダがあることもありますが、とにかくiPhoneの本体ストレージに保存されている写真・ビデオは「数字+APPLE」という名前のフォルダに入ってます。

 

写真の保存先を変更する方法

iPhoneで撮った写真・ビデオの保存先フォルダは変更することが出来ません。ただし、保存先をiPhone本体ストレージからiCloud(クラウド)に変更することは出来ます。

本体よりiCloudに保存したほうが良い

個人的には、写真・ビデオの保存先はiPhone本体ではなくiCloudにしたほうが良いと思ってます。理由は2つあります。

1つ目はiPhoneの容量には制限があるからです。iPhone本体ストレージ容量は購入した時点で決まっていて、それ以上増やすことはできません。なので、ストレージがいっぱいになったら写真やビデオを消す必要に迫られます。その点、iCloudは後から課金して容量を増やすことができます。最大4TBまで増やせます。

2つ目はiPhone本体のデータは消えることがあるからです。iPhoneを落としたり水没させてしまった場合、本体に保存されたデータが消えてしまうこともあります。その点、iCloudに保存しておけば最悪iPhoneが壊れてもデータは守られます。

以上の2点から、写真はiPhone本体よりiCloudに保存しておいたほうが良いと思います。

 

写真の保存先をiCloudに変更する方法

写真やビデオをiCloudに保存する方法はいくつかあるのですが、個人的には「iCloud写真」という機能を使うのが一番おすすめです。

「iCloud写真」とはiCloudとiPhoneのフォトライブラリを同期する機能です。「iCloud写真」をオンにすると、iPhoneで撮影した写真やビデオがiPhone本体ではなくiCloudに保存されるようになります。ただし、フォトライブラリが同期されているので、iCloudに保存されている写真はiPhoneの写真アプリ内でも普通に見ることができます。

「iCloud写真」の設定はiPhoneの設定アプリで行えます。手順は以下のとおりです。

  1. 設定アプリを開く
  2. 下にスクロールして「写真」をタップする
  3. 一番上の「iCloud写真」のスイッチをオン(緑色)にする
  4. その下の「iPhoneのストレージ最適化」にチェックを入れる

iCloud写真をオンにすると、その下に「iPhoneのストレージを最適化」と「オリジナルをダウンロード」の2つの選択肢が表示されます。

「iPhoneのストレージを最適化」は、撮影したフル解像度の写真・動画をiCloudのみに保存して、iPhoneには低画質のサムネイル画像だけを保存するモードです。

「オリジナルをダウンロード」は、撮影したフル解像度の写真・動画をiCloudとiPhoneの両方に保存するモードです。

iPhoneストレージ容量を節約したい人は、「iPhoneのストレージを最適化」の方を選択しましょう。

 

iCloudに保存した写真をPCに移す方法

iCloudに保存した写真をPCにコピーしたい/移動したい場合は、PCのウェブブラウザでiCloud.comにアクセスして写真をダウンロードしましょう。

iCloud.comにアクセスするとサインイン画面が表示されます。Macの場合は簡単にサインインできますが、Windowsの場合はiPhoneで認証しないといけません。

以下、Windowsの場合のサインイン手順を説明します。まずAppleIDとパスワードを入力してください。

するとiPhoneに確認コードが送信されます。それをPCブラウザ画面に入力してください。

2ファクタ認証が完了すると、ブラウザを信頼するかという画面になります。「信頼する」を選択しておくと、次回のサインインで確認コードの入力を省略することができます。

サインインが完了すると、ホーム画面が表示されます。「写真」を選択してください。

するとアルバムが表示されます。ダウンロードしたい写真を選択して、右上の「雲に↓」のアイコンをクリックすれば、ダウンロードが始まります。

※iCloudに写真を保存している場合は、iPhoneとPCをUSB接続しても写真を移すことはできません。なぜならiPhone本体には保存されていないからです。

 

まとめ

今回の内容をまとめます。

  • iPhoneで撮影した写真はデフォルトだとiPhone本体のストレージに保存されている
  • 写真とビデオの保存フォルダは「100APPLE」や「101APPLE」という名前。
    Internal Storage
    → DCIM
    → 100APPLE
  • 写真やビデオの保存先フォルダは変更できないが、保存先を本体からiCloudに変更することはできる
  • iCloudは最大4TBまで容量を増やせるし、iPhoneが壊れてもデータが守られるため、写真やビデオはiCloudに保存した方が良い
  • 設定アプリで「iCloud写真」をオンにして「iPhoneのストレージを最適化」を選択すれば、iPhoneで撮った写真はiCloudにだけ保存されるようになる(ただしiPhone上でも普通に閲覧・編集できる)

 



関連記事

【リスク有!?】iPhoneのカメラを遠隔操作する方法2選

iPhoneで写真・カメラへのアクセスを許可できない原因と対処法

【写真で住所がバレる】iPhoneカメラの位置情報をオフにする方法

iPhoneのカメラでモノクロ写真を撮影・編集する方法

iPhoneカメラの写真に写る「青い点」の正体と対処法4選

急に大きくなったiPhoneカメラの音量を小さくする方法