iPhoneを使用していると、何故か画面の明るさが勝手に変化することがあります。

この記事を読んでいるあなたは、そんな「iPhoneの画面の明るさが勝手に変わってしまって困っている」ことだと思います。

 

僕が知る限りでは、iPhoneのスクリーンの明るさが勝手に変わる理由は2つあります。

今回はiPhoneのスクリーンの明るさが勝手に変わる2つの理由とその対処法について、まとめてみました!

 

 

iPhoneのスクリーンの明るさが勝手に変わる2つの理由

iPhoneの液晶画面の明るさが勝手に変わる理由は、2つあります。

  1. 自動調整がオンになっている場合
  2. 『True Tone 』がオンになっている場合

この2つですね。

では、それぞれ細かく説明していきますね。

自動調節機能がオンになっている場合

iPhoneの自動調節機能は、周りの光に合わせて画面の明るさを調節してくれる機能。

しかしこの自動調節機能をオンにしていると、環境光に合わせて画面の明るさが勝手に調節されてしまいます。

特に「True Toneをオフにしてるのに勝手に変わる」といった場合は、自動調節がオンになっている可能性が高いです。

 

ちなみに・・・。

もし明るさが理由ではなく、iPhoneの画面が勝手に黄色に変化する場合は、Night Shift機能についても疑ってみて下さい。

【参考記事】→iPhoneの画面が黄色い理由はTrue Tone以外にもあった!!(対処法3選)

 

iPhoneの自動調節機能をオフにする

『勝手に変わってうざい…iPhoneのスクリーンの明るさを変更・自動調節を切る方法!!』でも紹介している方法ですので、手短に紹介します。

 

まずは「設定」をタップします。

設定をタップする

「一般」をタップして「アクセシビリティ」をタップ。

 

「ディスプレイ調整」をタップして「明るさを自動調節」のボタンをオフにします。

 

これでiPhoneのスクリーンの明るさを自動調節機能を切ることが出来ました。

 

スポンサーリンク

iPhoneのTrue Tone機能をオフにする

iPhoneのTrue Tone機能は、周りの光の色合いに合わせて、画面のホワイトバランスを調整して一定の色合いに保とうとする機能のことです。

 

ですので画面の色が突然青くなった気がしたり、反対に黄色くなっている気がしたりする場合は、True Toneの機能がオンになって変化している可能性が高いです。

「自動調節をオフにしているのになぜか明るさが勝手に変わる…」という場合はTrue Toneの仕業でしょう。

 

iPhoneのTrue Tone機能をオフにする

iPhoneのTrue Tone機能をオフにするには、ホーム画面にある「設定」をタップします。

設定をタップする

「画面表示と明るさ」をタップし、「明るさ」の項目にある「True Tone」のスイッチの部分をオフすると完了です。

設定画面からiPhoneのTrue Tone機能を変更する

 

まとめ

今回はiPhoneの液晶画面の明るさが勝手に変わる場合の2つの理由と対処法について、説明しました。

  1. 自動調節機能がオンになっている場合
  2. True Toneがオンになっている場合

基本的にはこの2通りの理由で画面の色が勝手に変化しています。

 

iPhoneに説明書が無いので、こういった機能が勝手に追加されてオンになっていると戸惑うときがありますが、調べてきたあなたがこの記事を読んで参考になれば嬉しいです。

それでは、今日はこの辺で!

 



関連記事

iPhoneの画面の明るさが早く消える!!2つの設定変更方法について

iPhoneの画面の明るさが早く消える!!2つの設定変更方法について

iPhoneの明るさを抑えるとバッテリーの消費は抑えられるか

iPhoneの明るさを抑えるとバッテリーの消費は抑えられるか?

究極までiPhoneの画面の明るさを目に優しい状態にする5つの方法

【最大にならない】iPhoneの画面が明るくならないときの対処法3選!!

【最大にならない?】iPhoneの画面が明るくならないときの対処法3選!!

勝手に変わってうざい…iPhoneのスクリーンの明るさを変更・自動調節を切る方法!!

勝手に変わってうざい…iPhoneのスクリーンの明るさを変更・自動調節を切る方法!!

【明るすぎ!!】iPhoneの画面の明るさを「もっと暗く」する方法3選