• iPhoneでインストールしたアプリがホーム画面にない
  • Appライブラリを見てもインストールしたはずのアプリがない
  • どうやってアプリを開けばいいの?
  • アプリをホーム画面に追加するにはどうすればいいの?

・・・とお悩みのあなた!AppStoreでアプリをインストールすると、本来であればiPhoneのホーム画面とAppライブラリにそのアプリのアイコンが追加されます(インストールを開始した瞬間追加されます)。

しかし今回、新規アプリがホーム画面やAppライブラリに追加されないというソフトウェアのバグが確認されました。

そこで今回は、ホーム画面やAppライブラリに追加されなかった新規アプリの探し方・起動方法と、そのアプリをホーム画面に追加する方法、そしてインストールしたアプリが自動的にホーム画面に追加されるように設定する方法を解説します。

関連記事

iOS14のバグ

iOS14から、iPhoneにはAppライブラリという新機能が追加されました。これはホーム画面の一番右ページに、全てのアプリをカテゴリごとに自動ソートして表示してくれる機能です。

これにより、iPhoneには新たな設定項目が追加されました。それは「インストールしたアプリをホーム画面に追加するかどうか」の設定です。Appライブラリにのみ追加するか、ホーム画面にも追加するか選べます。

この設定はデフォルトだと「ホーム画面に追加する」にチェックが入っています。なのでiOS14にアップデートしただけで特に設定を変更していないなら、今まで通りインストールしたアプリはホーム画面にも追加されるはずなんです。

しかし、ホーム画面の編集でページの表示・非表示を切り替えると、iOSのバグで勝手に上記の設定が変更され、インストールしたアプリがホーム画面に追加されないようになってしまうんです。

 

ホーム画面にないアプリを探して起動する方法

インストールしたアプリがホーム画面に追加されていない場合、そのアプリを開く方法は2つあります。

  • AppStoreから開く
  • Appライブラリから開く

 

AppStoreで開く

1つはAppStoreのアプリのページで「開く」ボタンをタップしてアプリを起動する方法です。インストールした直後ならこの方法が一番簡単だと思います。

もしアプリのページを閉じてしまった場合は、AppStoreで検索してアプリを探しましょう。アプリの名前を忘れてしまった場合は、AppStoreのホーム画面に戻って右上のアカウントアイコンをタップして、「購入済み」を選択してください。そうすればインストールしたアプリが表示されるので、すぐに見つかるはずです。

 

Appライブラリで開く

2つ目はAppライブラリで開く方法です。ホーム画面を一番右端のページまでスワイプすると、Appライブラリが表示されます。カテゴリごとにアプリがまとめられているので探してみてください。インストールしたばかりのアプリは右上の「最近追加した項目」の中にあるのですぐ見つかると思います。

ただ、これまたiOSのバグでインストールした直後の新規アプリはAppライブラリにアイコンが表示されないことがあります。その場合はAppライブラリの一番上にある検索窓をタップしてください。するとアプリ名が五十音順に一覧表示されます。そこにはちゃんと表示されるので探してみてください。面倒くさい人はアプリ名を入力して検索してもOKです。

 

インストールしたアプリをホーム画面に追加する方法

インストールしたけどホーム画面に追加されなかったアプリをホーム画面に追加する手順は以下のとおりです。

  1. Appライブラリで一番上の検索窓をタップする
  2. ホーム画面に追加したいアプリを長押ししたまま横にスワイプする(ドラッグする)
  3. ホーム画面の編集画面に切り替わるので、追加したいページにアプリを配置する

これだけです。ただ、アプリをインストールするたびに毎回こんなことやってたら面倒くさいですよね。なので、従来のようにインストールしたアプリが自動的にホーム画面に追加されるように設定も変更しておきましょう。手順を以下に示します。

  1. 設定アプリを開く
  2. 「ホーム画面」をタップする
  3. 新規ダウンロードAppの項目で「ホーム画面に追加」にチェックを入れる

これで今後はインストールしたアプリは自動的にホーム画面に追加されるように鳴るはずです。

 

まとめ

今回の内容をまとめます。

  • iOS14でAppライブラリが実装されたことで、インストールしたアプリをホーム画面に追加するかどうか設定で変更できるようになった
  • デフォルトではインストールしたアプリはホーム画面とAppライブラリの両方に追加されるが、ホーム画面の編集でページを非表示にすると、ソフトウェアのバグで設定が勝手に変更されて新規アプリがホーム画面に追加されないようになる
  • ホーム画面に追加されなかったアプリは、AppStoreかAppライブラリから開くことができる。Appライブラリでそのアプリをドラッグするとホーム画面に追加できる

今回紹介した「勝手に設定が変更されて新規アプリがホーム画面に追加されなくなる」というバグは最新のバージョンのソフトウェアでは解消されています。まだこのバグがある人はソフトウェア・アップデートをおすすめします。アップデートの手順は以下のとおりです。

  1. 設定アプリを開く
  2. 「一般」をタップする
  3. 「ソフトウェア・アップデート」をタップする
  4. 「ダウンロードしてインストール」をタップする
  5. ダウンロードが完了したら、「今すぐインストール」をタップする

「インストール」をタップすると、iPhoneは自動で再起動して白いリンゴマークが表示され、その下にバーが表示されます。インストールの完了には数分、長いと10分以上かかることもあります。

ソフトウェアのアップデートはバッテリーが十分に残っていて、なおかつWi-Fiに接続している状態でないとダウンロードできません(インストールはオフラインでもOK)。どうしてもWi-Fi環境がない場合は、以下の方法を使えばモバイルデータ通信でもアップデートできます。ただあまりおすすめはしません。



関連記事

iPhoneで削除したアプリを復元する方法(データは無理かも)

アプリのアップデート時のパスワード入力を解除する方法(iPhone)

【iPhone】アプリのアイコンを好きな画像に変更する方法

iPhoneのアプリをアップデートできない7つの原因と対処法

iPhoneでアプリをインストールできない9つの原因と対処法

iPhoneからアプリを削除できない3つの原因と対処法