• アプリをアップデートしようとしたらパスワードの入力を求められた
  • 今まではパスワード無しでアップデートできてたのにどうして?
  • 毎回パスワード入力するの面倒くさい
  • パスワード無しでアップデートできるように設定したい
  • パスワード忘れちゃった時はどうすればいい?

・・・とお悩みのあなた!今回はアプリのアップデート時に急にパスワード入力を求められるようになる原因と、パスワード入力なしでアプリをアップデートできるように設定する方法を紹介します。おまけでパスワードを忘れちゃった時の対処法なんかも紹介してるので、ぜひ最後までお読みください。

関連記事

急にパスワード入力を求められる原因と対処法

昨日まで「アップデート」を押すだけでアプリをアップデートできていたのに、急にパスワードの入力画面が表示されるようになった場合、以下の3つの原因が考えられます。

 

違うAppleIDでサインインした

1つ目は違うAppleIDでサインインしたケースです。アプリをダウンロード・インストールした時のAppleIDと、アップデートしようとしてる時のAppleIDが違うと、「あなたがダウンロードしたアプリじゃないけど、アップデートしちゃって大丈夫?」みたいな感じで、アップデート時にパスワードの入力を求められます。

例えば、複数のAppleIDを持っていて別のIDでサインインし直した場合や、家族や友達から古いiPhoneを譲り受けて自分のAppleIDでサインインした場合などは、このケースに該当します。

この場合は、元のAppleIDにサインインし直すか、諦めてパスワードの入力してアプリをアップデートしてください。でもパスワードは1回入力すれば、次回以降はパスワードの入力は求められないので安心してください。

 

ソフトウェアをアップデートした

2つ目はソフトウェアのアップデートです。「最近iOSをアップデートして、その後にアプリをアップデートしようとしたら急にパスワードの入力を求められるようになった」という場合は、そのアップデートに原因があります。

というのも、ソフトウェアをアップデートすると一部の設定が変更されたり、アクセス許可が解除されたりすることがあるんです。アップデート時にパスワードの入力を求められるのも、こういうバグの一つです。

これも各アプリごとに1回パスワードの入力すれば、次回以降はパスワード無しでアップデートできるようになるので安心してください。全てのアプリでパスワードを入力するのが面倒くさい人は、AppStoreアプリの右上のアイコンをタップして、アカウント画面で「すべてをアップデート」をタップしてください。そうすればパスワードの入力が1回で済みますよ。

 

パスワード設定を変えた

3つ目の原因は設定の変更です。1回パスワードを入力してアプリをアップデートしたのに、次回以降も毎回パスワードの入力を求められる場合は、自分で間違ってパスワードの設定を変更してしまっている可能性が高いです。

設定の確認手順を以下に示します。

  1. 設定アプリを開く
  2. 一番上の自分の名前(AppleID)をタップする
  3. 「メディアと購入」をタップする
  4. 「パスワードの設定」を選択する
  5. 無料ダウンロードの欄にある「パスワードを要求」を確認する

「パスワードの要求」がオンになっていると、アップデート時に毎回パスワードの入力を求められます。面倒くさい人はここをオフにすることをおすすめします。

 

それでもパスワードなしでアプリをアップデートできない場合

上記の3つの原因のどれにも当てはまらないのに、なぜかアプリのアップデート時にパスワードの入力を求められる場合、以下の対処法を試せば解決することがあります。

 

サインインし直す

一度AppleIDをサインアウトして、もう一度サインインし直すと、パスワード無しでアプリをアップデートできるようになる可能性があります、

サインアウトの手順を以下に示します。

  • 設定アプリを開く
  • 一番上の自分の名前をタップする
  • 一番下の「サインアウト」をタップする
  • 「iPhoneをオフにしてください」という画面になる
  • AppleIDのパスワードを入力して、右上の「オフにする」をタップする
  • 「データのコピーをこのiPhoneに残しますか?」という画面が表示されるので、残したいデータを選択して右上の「サインアウト」をタップする

ちなみにデータのコピーは全部残しておいた方がいいです。

サインアウトできたら、もう一度サインインしてください。サインインする際は当然ながらAppleIDとパスワードの入力を求められます。ちゃんと覚えていない人は、サインアウト前にIDとパスワードを控えておきましょう。

 

iPhoneを再起動する

サインインし直してもだめな場合は、デバイスの一時的な不具合が原因かもしれません。その場合はiPhoneを再起動すれば解決します。

再起動のやり方は機種によって微妙に異なります。手順は以下のとおりです。


出典:Appleサポート

【iPhoneX以降】

  1. サイドボタンとボリュームボタン(↑↓の片方だけ)を同時に長押し
  2. 「スライドで電源オフ」と表示されたらスライドして電源を切る
  3. 少し時間を置く(5秒ほど)
  4. サイドボタンを長押しして再起動

【iPhone8以前】

  1. サイドボタンを長押し
  2. 「スライドで電源オフ」と表示されたらスライドして電源を切る
  3. 少し時間を置く(5秒ほど)
  4. もう一度サイドボタンを長押しして再起動

【iPhone5以前】

  1. 上部の電源ボタンを長押し
  2. 「スライドで電源オフ」と表示されたらスライドして電源を切る
  3. 少し時間を置く(5秒ほど)
  4. もう一度上部の電源ボタンを長押しして再起動

再起動のやり方は以下の記事で詳しく解説しているので、気になる方はどうぞ↓

 

設定をリセットする

再起動してもパスワードの入力を求められる場合は、一度iPhoneの設定をリセットしてみましょう。リセットの手順は以下のとおりです。

  1. 設定アプリを開く
  2. 「一般」をタップする
  3. 「リセット」をタップする
  4. 「すべての設定をリセット」をタップする
  5. パスコードを入力する

ただし、設定をリセットするとWi-Fiの設定などもやり直さないといけないので注意してください。

 

パスワードを忘れた時の対処法

ちなみに、アプリのアップデート時に求められるパスワードはAppleIDのパスワードですからね。iPhoneのロックを解除する時とかに入力するパスコードとは違うので注意してください。

ちなみにAppleIDのパスワードの条件は以下のとおりです。

  • 半角英数字(記号は使用不可)
  • 数字、大文字の英字、小文字の英字を全て1文字以上含む
  • 8文字以上32文字以内
  • AppleIDと同じ文字列は不可
  • 同じ文字が3連続で続くのも不可

どのパスワードか忘れちゃった人は、これを手がかりに思い出してみてください。

どうしてもパスワードが思い出せない場合は、パスワードをリセットするしかありません。手順は以下のとおりです。

  1. 設定アプリを開く
  2. 一番上のユーザー名をタップする
  3. 「パスワードとセキュリティ」をタップする
  4. 「パスワードの変更」をタップする
  5. デバイスのパスコードを入力する
  6. 画面の指示に従いパスワードを変更する

もし上記のやり方でパスワードを変更できない場合は、PCで以下のページにアクセスして「AppleIDまたはパスワードをお忘れですか?」を選択してパスワードを変更してください。

AppleIDアカウント管理

 

まとめ

今回の内容をまとめます。

  • アプリをインストールした時のAppleIDと、アップデート時のAppleIDが異なる場合、アップデート時にパスワードの入力を求められる
  • ソフトウェアをアップデートすると、アプリの初回アップデート時にパスワードの入力を求められることがある
  • AppleIDの「メディアと購入」の設定でパスワードの要求がオンになっていると、毎回パスワードの入力を求められる
  • アプリのインストール・アップデート時に求められるパスワードはAppleIDのパスワード。デバイスのパスコードとは違う
  • どうしてもアップデート時のパスワード要求が消えない場合は、AppleIDをサインインし直すか、iPhoneを再起動する。それでもダメならすべての設定をリセットする


関連記事

【iPhone】アプリのアイコンを好きな画像に変更する方法

iPhoneでAppStoreの購入履歴を削除する方法

iPhoneでアプリを自動アップデートする方法と2つの注意点

アプリのアップデートが表示されない6つの原因と対処法(iPhone)

iPhoneのアプリのアイコンが暗い・開かない原因と対処法

突然iPhoneのアプリが落ちる7つの原因と対策