• アイコンが暗くなってるアプリがいくつかある
  • アイコンの下の名前も「待機中」になってる
  • アイコンをタップしてもアプリが起動しない

・・・とお悩みのあなた!今回はiPhoneのホーム画面でアプリのアイコンが急に暗くなって、タップしても開かなくなる原因と対処法を紹介します。

関連記事

アプリのアイコンが暗くなる理由

アイコンが暗くなっているアプリがある場合、考えられる原因は以下の2つです。

アプリの自動アップデート

一番多いのはアプリが自動アップデート中のケースです。アップデート中はアプリのアイコンが暗くなり、アプリ名のところに「読み込み中」と表示されます。

また、アップデートするアプリが複数ある場合は、1~2個のアプリだけアップデートして、他のアプリはアップデートを待機している状態になります。待機しているアプリのアイコンも暗くなり、アプリ名のところには「待機中」と表示されます。

アップデート中・待機中のアプリのアイコンは、タップしても「一時停止」になるだけどアプリは起動しません。

アプリが自動アップデートされないようにするには設定を変更する必要があります。手順は以下のとおりです。

  1. 設定アプリを開く
  2. 「AppStore」をタップする
  3. 一番上の自動ダウンロードの「Appのアップデート」のスイッチをオフにする

 

アプリのインストール

2つ目はアプリがインストール中だという場合です。インストール中のアプリもアイコンが暗くなり、アプリ名のところには「読み込み中」と表示されます。

 

アプリのアイコンを正常に戻す方法

アップデート・インストール中で暗くなっているアプリのアイコンを元に戻す方法は2つしかありません。

 

終わるまで待つ

1つ目はアップデート・インストールが完了するまで待つことです。時間が経てば終わります。アプリのアップデート・インストールはWi-Fi環境で行うことをおすすめします。

なかなか終わらない場合は、Wi-Fiルーターの近くにiPhoneを持っていきましょう。それでも繋がらない場合は、一度Wi-Fiをオフにしてから、数秒置いてオンに戻してみてください。そうすると接続がリフレッシュされます。

ちなみにWi-Fiは、基本的に一番電波が強い基地局に接続します。しかし、建物の構造や位置情報のズレなどが原因で、電波が弱い基地局に切り替わってしまう場合があるんです。その場合は、接続をリフレッシュすることで、一番電波の強い基地局に再接続することができます。

Wi-Fiに繋がらない場合は、こちらの記事をチェックしてみてください。

 

アップデート・インストールを中止する

「何時間経っても終わらない」
「ずっと待機中のまま」
という場合は、一度インストールやアップデートを中止しましょう。アイコンを長押しするとメニューが表示されるので、「キャンセル」を選択してください。それでインストールやアップデートが止まります。インストールを中止した場合は、アイコンがホーム画面から消えます。

 

まとめ

今回の内容をまとめます。

  • アプリのアップデート中・インストール中は、ホーム画面のアイコンが暗くなる。アプリ名のところには「読み込み中」か「待機中」と表示される
  • アップデートが完了すればアプリのアイコンは正常に戻る
  • いつまで経っても「待機中」でアイコンが暗いままの時は、長押しして「キャンセル」をタップする


関連記事

アプリのアップデートが表示されない6つの原因と対処法(iPhone)

iPhoneからアプリを削除できない3つの原因と対処法

iPhoneのホーム画面で自由にアプリを整理・配置する方法

iPhoneでアプリをインストールできない9つの原因と対処法

iPhoneでAppStoreの購入履歴を削除する方法

iPhoneに勝手にアプリがインストールされる理由と対処法