Zoomで個人ミーティングID(パーソナルミーティングID)を使っていると、常習的にZoom爆弾を食らう危険があります。なので、大事な会議とかはインスタントミーティングIDを使うことをおすすめします。

というわけで、今回は個人ミーティングIDのリスクと、インスタントミーティングIDを使ってミーティングを開催する方法を解説します。

関連記事

ミーティングIDとは?

Zoomでミーティングを開催すると、ミーティングIDを割り当てられます。ミーティングが会議だとするなら、ミーティングIDは会議室の部屋番号みたいなものです。

ミーティングIDには「個人ミーティングID」と「インスタントミーティングID」の2種類があります。

 

個人ミーティングIDとは?

これはZoomでアカウントを作成されると、一人一人に割り当てられる固有の10桁のミーティングIDのことです。パーソナルミーティングID(PMI)とも言います。

個人ミーティングIDは固定されています。個人ミーティングIDでミーティングを開催すると、IDとパスワードが毎回同じになります。

 

インスタントミーティングIDとは?

これはZoomが自動生成してくれる「使い捨てのミーティングID」です。インスタントミーティングIDは11桁です(前は9桁だったんですけど、セキュリティ強化のため11桁に変更されました)。

インスタントミーティングIDを使ってミーティングを開催すると、毎回IDとパスワードが変わります。

 

個人ミーティングIDが危険な理由

Zoomで会社の会議や大学のオンライン講義をする場合は、個人ミーティングIDを使わないのが一般的です。なぜなら、個人ミーティングIDだと「招かれざる客」が簡単に参加できてしまうからです

Zoom爆弾

Zoomミーティングに参加するにはIDとパスワードが必要です。だから第三者は簡単に参加できない…と思うじゃないですか。でもでも、このIDとパスワードって適当に入力して当たっちゃうことがたまにあるんですよね。

他人のミーティングに勝手に参加して荒らし行為(Zoom爆弾)をする人たちは、しらみつぶしにIDを入力してターゲットを探しています。

 

個人ミーティングIDだと常習的に荒らされる

インスタントミーティングIDを使っていれば、仮に一度IDがバレて侵入されて荒らされたとしても、次回のミーティングではIDが変わっているので、何度も荒らされる心配はありません。

しかし、個人ミーティングIDを使っているといつも同じID・パスワードなので、一度IDとパスワードが割れるとずっと荒らされ続けることになります。

なので、基本的にはインスタントミーティングIDを使うことをおすすめします。

 

スポンサーリンク

インスタントミーティングIDでミーティングを開催する方法

ここからはiPhone版のZoomアプリで、インスタントミーティングIDを使ってミーティングを開催する手順を解説します。

インスタントミーティングIDの自動生成

まずZoomアプリを起動して、ホーム画面の左上にある「新規ミーティング」をタップしてください。

すると以下のような画面になります。「個人ミーティングID(PMI)の使用」のスイッチをオフにしてから「ミーティングの開始」をタップしてください。

これでインスタントミーティングIDが自動生成され、ミーティングを開催することができました。

 

ミーティングIDを確認する方法

本当にインスタントミーティングIDが自動生成されたかどうかは、ミーティング中にIDを確認すれば分かります。ミーティング中に上の「Zoom」をタップしてください。

するとミーティングID・ホスト名・パスワード・招待リンク・参加者IDが表示されます。上記の手順で開催していれば、ミーティングIDが個人ミーティングIDとは違うことが確認できるはずです。

前述の通り、インスタントミーティングIDはミーティングのたびに変わります。一度ミーティングを終了してから再度開催すると、以下のようにIDやパスワードが変わっていることが確認できます。

 

でも個人ミーティングIDの方が便利?

セキュリティを重視するなら、インスタントミーティングIDを使った方が絶対にいいです。ただ、セキュリティより利便性を重視する場合は、個人ミーティングIDの方が便利ではあります。

 

個人ミーティングIDは招待・参加が楽ちん

繰り返しになりますが、個人ミーティングIDで開催したミーティングはIDとパスワードがずっと同じです。なので、毎回同じリンクから参加できるのですごく楽ちんです。ホスト側からしても、毎回招待リンクを送る手間が省けます。

いつも同じメンバーでZoom飲みをするとかなら、ぶっちゃけ個人ミーティングIDを使った方が楽です。

 

個人ミーティングIDは最悪変更できる

もし第三者に個人ミーティングIDがバレて荒らされた場合は、最悪個人ミーティングIDを変えることもできます。

Zoomアプリで設定タブ(右下の歯車アイコン)をタップして、一番上のプロファイルを選択してください。

そして「パーソナルミーティングID(PMI)」をタップすれば、個人ミーティングIDを編集することができます。

ただし、個人ミーティングIDの変更は有料プランでないとできません。無料アカウントで個人ミーティングIDを編集しようとすると、「Proにアップグレードしてください」とメッセージが表示されます。

 

スポンサーリンク

用途に応じてミーティングIDを使い分けよう

今回の内容をまとめます。

  • ミーティングが会議なら、ミーティングIDは会議室の部屋番号
  • 個人ミーティングIDはアカウントに割り当てられた固定のID
  • インスタントミーティングIDは自動生成される使い捨てのID
  • 個人ミーティングIDを使うと常習的に荒らされる可能性がある
  • セキュリティを重視するミーティングでは、インスタントミーティングIDを使った方が良い
  • 手間を省きたい場合は個人ミーティングIDの方が楽
  • 有料プランなら個人ミーティングIDを編集できる

会社の会議や大学のオンライン授業でZoomを使用する場合は、インスタントミーティングIDを使いましょう。Zoomで軽く飲むだけなら、個人ミーティングIDの方が楽ちんです。



関連記事

iPhone版!Zoomチャットの使い方と3つの注意点

【iPhone版】Zoomのバーチャル背景設定方法まとめ

【iPhone版】Zoomスケジュール機能の使い方徹底解説

用途別!Zoomで画面共有する4つの方法(iPhone版)

【Zoomの使い方】ホストとして主催・招待する方法(iPhone版)

【iPhone】Zoomをサインインせずに使う方法