• 「修理に出したいけど、事務資料が面倒くさい
  • 「画面は割れたけど…まだ使えるから放置してる」

などなど「面倒くさい!」を理由に、iPhoneを修理せずに使っている方は思いの外多いです。

僕も正直言うと面倒くさがりな性格ですから、気持ちはわかります^^;

とはいえ、iPhoneの修理をせずに使用し続けると、それはそれで困ったことが起こります。

今回は

  • iPhoneの修理が面倒だからと言って先延ばしにするとマズイ理由
  • 面倒くささの原因とその解決方法

について書いていきます。

関連記事

iphoneの修理が面倒だからといって、放っておくと危ない

iPhoneの修理が面倒くさいからと言って、壊れたまま放っておく大変なことに成りかねません。

 

例えば、iPhoneの画面割れの場合は、単純に割れたガラスの破片で指を痛める危険性があります。

もちろんそれだけでなく、画面は液晶で出来ているため、そのまま放置して使用していると、

  • 液晶パネルに負荷がかかりタッチ操作ができなくなる
  • 映像が映し出せなくなったりする可能性

があります。

最悪の場合、内部データの破損で復元不可能になる場合もあるそうなので、個人的には「面倒臭がらずに修理すること」をオススメしています。

iphoneの修理が面倒くさい4つの理由

iPhoneの修理が面倒に感じる理由は、4つの理由があります。

たらい回しにされるのが面倒くさい

iPhoneが壊れた際の修理方法として、キャリア先への修理があります。

一方でキャリア先にiPhoneを持っていくと、Appleに持っていって修理を依頼するよう促されることがあります。

このたらい回しにされてる感じがとても面倒くさいです。

Appleに修理を依頼するのが面倒くさい

Appleに修理を依頼する場合、Appleストアに持ち込む方法と、配送修理2つが存在します。

Appleで持ち込み修理をする場合、特に混雑する日にちや場所になると予約が必要になり、当日修理に対応していないことも。

さらに、Apple Storeや正規サービスプロバイダは、東京や大阪などの都心部に集中しています。

 

都心なら平日の昼間に持ち込みで行けば、すぐ修理する作戦があるので、まだマシです。

ですが、地方の場合Appleで修理しようと思うと、近場にまずAppleのお店があるかどうかで左右されますし、あったとしても順番待ちのリスクが高いため、非常に面倒くさいわけです。

配送修理に時間がかかり過ぎて面倒くさい

また、配送修理も端末の引き取りから修理、返送まで含めると、通常5日前後と、長丁場になります。

もちろんApple Storeで製品保証対象の場合、3週間の代替え機の貸し出しを実施しています(同じ端末)。

また、大手キャリアでもiPhone端末の代替機の貸し出しを行っています。

しかし、大手キャリアの場合は独自で行っているサービスのため、Androidのスマートフォンの貸し出しになることも多く、iPhoneじゃない可能性もあります。

 

また、長くなればなるほど自分の思い通りのiPhone利用を出来ないため、不自由さは拭えません。

携帯電話が5日以上使えないとなると、結構たいへんですよね。。

お仕事されてる方は仕事に支障をきたしますし、学生の方でも、やり取りが出来ない間の疎外感が問題です。

以上の理由から、Appleで修理を面倒くさいと思っている人が、結構多いようです。

データの初期化が面倒くさい

Appleで修理を依頼すると、データが初期化されます。

これは僕自身も経験していることなのですが、データが初期化されるためバックアップしてから修理に望みました。

修理へ出す前に初期化を防ぐため、連絡先や写真、動画、メールなどのデータをバックアップする必要があります。

 

iPhoneは前よりもバックアップの手間が少なくはなっていますから、昔より面倒くささは軽減されています。

とはいえバックアップそのものの面倒臭さを感じていて、修理をしない人も少なくありません。

スポンサーリンク

【iphoneの修理が面倒な人のために】手早く簡単に修理する方法

  • AppleCareに入っていなかった
  • 地方に住んでいて近くにAppleの修理店がない
  • 平日は働き詰めで思うように休めない
  • バックアップを取ってiPhoneのデータを移すのが面倒だ

といった方の場合は、iPhoneの非正規店での修理も視野に入れると良いと思います。

 

業者さんによっては正規店よりも店舗数が多く(100店舗以上存在する場合も)、並ぶ時間も短く済むことが多いです。
郵送での修理も、正規店での修理より早く済みます。

また、iPhone自体の本体交換ではなく部品交換のため、基本的にiPhoneを初期化せずに済みます。

そのため、バックアップの面倒臭さは軽減されます。

 

ただし「非正規店だからとにかく怖い!」と思っている場合は、正規店での修理をオススメしています。

非正規店でも、徹底した部品管理や、総務省が認可した修理店は存在します。

しかし、信用において「正規店での修理」には叶いませんからね。

まとめ

今回はiPhoneの修理が面倒くさい理由と、その解決方法について説明しました。

僕自身も基本的に面倒くさがりなので、iPhoneの修理が面倒くさい理由も分かります。

ですが、使えなくなってからでは遅いので、修理を検討されることをオススメします。

「あなたの大切なiPhoneを守れるのはあなた自身だけ」ですので、ぜひ大切に使っていただければと思います。

それでは!



関連記事

iPhoneは熱いのに充電されないのは崩壊寸前のサイン

充電中のiPhoneが熱い原因5選!ケースの可能性もあり

動かないiPhoneのバックアップを取る方法

テザリング中のiPhoneが熱いときはBluetoothに切替

バッテリー交換したのにiPhoneが熱い場合は再交換

iPhoneの修理期間はどのくらい?

iPhoneの修理期間はどのくらい?【正規or非正規?配送修理も比較してみた】