• iPhoneのカメラで写真を撮ろうとすると少し暗い。明るくする方法ない?
  • 逆にもう少し暗くしたい時はどうすればいいの?
  • 明るさを調整しても、少し動かすと明るさが自動調整されちゃう。明るさを固定できない?

・・・とお悩みのあなた
iPhoneのカメラは、自動で適切な明るさに調整される仕様になっています。でも、もっと明るく撮りたかったり、逆にもう少し雰囲気暗くしたい時ってありますよね。そういう時は手動で明るさを調整しましょう。

というわけで、今回はiPhoneのカメラを自分で調整する方法と、調整した明るさを固定する方法を紹介します。明るさを次回使用時まで維持する方法も解説しているので、ぜひ最後までお読みください。

関連記事

iPhoneカメラの明るさ自動調整の仕組み

iPhoneのカメラアプリは、自動で適切な明るさに調整されるようになっています。より正確には、画面中央に写っている被写体が適切に写るような明るさに自動調整されるようになっているんです。

画面内にある被写体の明るさがほぼ均一である場合は良いのですが、明るい被写体と暗い被写体が同時に画面内にある場合は、中央にある被写体が適切に写るような明るさに調整されるため、画面端に写る被写体が暗くて見えなくなってしまったり、逆に明るすぎて白飛びしてしまうことがあります。文章で説明していてもわかりにくいと思うので具体例をお見せしましょう。

例えば家の天井を撮影しようとした時、画面中央に明るい蛍光灯が来るようにすると、蛍光灯がくっきり写るように自動で暗くなります。この時、画面全体が暗くなるので、周りの天井は真っ暗に写ってしまいます。

逆に画面中央に天井、端っこに蛍光灯が来るようにすると、下の写真のように天井が綺麗に写る明るさに調整されるため、蛍光灯が明るくなりすぎて白飛びしちゃってます。なんかもう太陽みたいですよね(蛍光灯の明るさ自体は上の写真と同じです)。

このように、カメラの明るさ調整機能は画面全体の明るさを一括で調整することしか出来ません。「右側は暗く、左側は明るくする」みたいなことはできないんです。手動で調整する場合も、画面全体の明るさを一括で調整することになります。

 

iPhoneカメラの明るさを手動で調整する方法

前述の通り、iPhoneは自動で画面中央の被写体が綺麗に写る明るさに調整されるようになっています。しかし、明るさが自動調整される対象の被写体を自分で変更することが出来ます。

やり方は簡単です。iPhone画面で「この被写体が綺麗に写るようにしたい」と思う部分をタッチすればいいんです。タッチすると黄色い四角い枠が表示され、その枠内の被写体にピントが合い、明るさも自動調整されます。

例えば、画面端の暗い部分をタッチすれば、そこが見えやすくなるように画面全体が明るくなります。逆に画面端の明るい部分をタップすれば、眩しくなり過ぎないように全体的に少し暗くなります。

また、画面をタップして黄色い枠が表示されている時に、画面を上下にスワイプすると手動で明るさを調整することもできます。上にスワイプすると明るくなり、下にスワイプすると暗くなります。明るさの自動調整が気に入らない場合は手動で調整しましょう。もし手動で調整した結果、明るさが変な感じになってしまったら、またどこか画面をタッチすれば明るさが自動調整されます。

 

iPhoneカメラの明るさを固定する方法

ただし、上記の方法で明るさを自分で調整しても、カメラを大きく動かしてしまうと、また画面中央の被写体に明るさが自動調整されてしまいます。

明るさを固定する方法

明るさを固定したい場合は、画面を長押ししてください。すると画面上部に「AE/AFロック」と黄色い表示が出ます。これで明るさが自動調整されなくなります。AE/AFロックの状態で画面を上下にスワイプして明るさを手動調整すれば、好きな明るさに固定することができます。

AE/AFロックを解除したい場合は、もう一度画面をタップしてください。そうするとまた明るさが自動調整されるようになります。

 

明るさ設定をずっと維持する方法

さらにiOS14以降では、調整した明るさ設定を次回使用時まで固定することができます。つまり、カメラアプリを閉じても調整した明るさが維持されるってことです

明るさ調整を次回まで維持する手順は以下のとおりです。

  1. iPhoneの設定アプリを開く
  2. 「カメラ」を選択する
  3. 「設定を保持」を選択する
  4. 「露出調整」のスイッチをオンにする

ただし、これはiOS14以降の端末でないと設定できません。iOS14より前のソフトウェアでは「露出調整」の項目がないんです。

しばらくソフトウェアをアップデートしていない人は、ぜひこの機会にアップデートしてみてください。アップデートの手順を以下に示します。

  1. iPhoneの設定アプリを開く
  2. 「一般」を選択する
  3. 「ソフトウェア・アップデート」を選択する
  4. 「ダウンロードしてインストール」を選択する

ちなみにソフトウェア・アップデートはWi-Fiに接続されていないとできません。Wi-Fiに上手く繋がらない場合は以下の記事を参考にしてみてください。

 

まとめ

今回の内容をまとめます。

  • iPhoneのカメラは被写体が綺麗に写るように明るさが自動調整される
  • 画面内に明るさが異なる複数の被写体がある場合、画面中央の被写体に最適な明るさに自動調整される
  • 画面をタップすると、明るさが自動調整される対象の被写体を指定することができる。また、画面を上下にスワイプすると明るさを手動で調整できる
  • ただしカメラを大きく動かすとまた明るさが自動調整されてしまう
  • 画面を長押しすると「AE/AFロック」の表示が出て、明るさが固定される
  • iOS14以降では、カメラ設定の露出調整の設定を保持することができる

 



関連記事

歴代iPhoneのカメラ画素数(実はSEから変わってない)

【iPhoneカメラ】ポートレートの使い方を全て解説します

iPhoneのカメラで撮った写真の保存先とその変更方法

iPhoneのカメラが白く曇ってる!4つの原因と対処法

急に大きくなったiPhoneカメラの音量を小さくする方法

iPhoneのカメラで人物以外をポートレート撮影する方法