• アプリのアップデートを確認するのが面倒くさい
  • いちいち手動でアップデートするの面倒くさい
  • 新しいバージョンが出たら自動でアップデートするようにしたい

・・・とお悩みのあなた!iPhoneではアプリの自動アップデート機能があります。これを有効にしておけば、もう手動でアップデートする手間も省けます。ただ、自動アップデートにはいくつか注意点があります。

というわけで、今回はiPhoneでアプリを自動アップデートさせる方法と注意点を紹介します。

アプリの自動アップデート設定

iPhoneのアプリのアップデートを自動化する手順は以下のとおりです。

  1. 設定アプリを開く
  2. 画面を下にスクロールしていって「AppStore」を探してタップする
  3. 一番上の自動ダウンロード欄にある「Appのアップデート」のスイッチをオンにする

これで、iPhoneにインストールしてあるアプリに新しいバージョンがリリースされたら、自動でアプリがアップデートされるようになりました。

 

自動アップデートの注意点

自動アップデートは便利なんですけど、2つ注意点があります。

 

Wi-Fiに接続してないとアップデートされない

まず一つ目は、デフォルトだとWi-Fiに接続してないとアップデートされないことです。

モバイルデータ通信時にも自動アップデートされるようにしたい人は、設定アプリのAppStoreの画面で、モバイルデータ通信の欄にある「自動ダウンロード」のスイッチをオンにすることもできます。

ただ、アップデートの容量が大きいと通信速度制限がかかってしまうので、個人的にはモバイルデータ通信時の自動アップデートはあまりおすすめしません。

 

アプリのアップデートがあっても気付けない

2つ目は、アプリのアップデートが通知されないことです。

自動アップデートがオフの状態だと、新しいアップデートがリリースされると、ホーム画面のAppStoreのアイコンに赤い数字がつきます。数字の数だけ新しいアップデートがあるってことです。LINEの通知とかと同じですね。なのでアップデートがあるかどうかはホーム画面を見ればすぐ分かります。

それに対して、自動アップデートをオンにすると、新しいアップデートがあってもホーム画面のAppStoreのアイコンには何も表示されなくなります。なので、新しいアップデートがあるかが分からないんです。

完璧に自動でアップデートされてるんなら問題ないんですけど、Wi-Fiに繋がってなかったり接続状況が悪くて自動アップデートが機能していないこともありますからね。気付かずアップデートが溜まってたりなんてことはよくある話です。

 

まとめ

今回の内容をまとめます。

  • アプリを自動でアップデートするようにしたい場合は、iPhoneの設定アプリからAppStoreの「自動ダウンロード」にある「Appのアップデート」を有効にする
  • 自動アップデートはWi-Fiに繋がってる時だけ
  • 自動アップデートをオンにすると、新しいアップデートがあってもホーム画面のアイコンに何も表示されなくなる


関連記事

iPhoneのホーム画面で自由にアプリを整理・配置する方法

iPhoneで削除したアプリを復元する方法(データは無理かも)

【消す前に退会】iPhoneでアプリを完全に削除する方法

アプリのアップデートが表示されない6つの原因と対処法(iPhone)

【iPhone】アプリのアイコンを好きな画像に変更する方法

iPhoneからアプリを削除できない3つの原因と対処法